ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やついフェスでも絶賛相次いだサンナナニ 初の公式音源のハイレゾ配信スタート!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 AZUMA HITOMI、ひぐちけい、Uとそれぞれにシーンで活躍する女性ミュージシャン3人からなるスリーピース・ロックバンド、サンナナニが、初の公式ライブ音源「ひとりじゃ」の無料配信と「一生懸命シティ」のハイレゾ配信を、6月20日より音楽配信サイトOTOTOYにてスタートさせた。

その他 ライブ写真

 このたび配信がスタートした初の公式音源『37°2 LIVE ~ MAY.2016 ~(24bit/48kHz)』は、今年5月に六本木VARIT.で録音したライブテイクとなり、ライブバンドの頂点を極めるべく結成したその真髄がいかんなく発揮された音源だ。この配信に先んじてLINE公式アカウント限定では「ひとりじゃ」が公開されていたが、サンナナニが世に放つ初の公式音源とあってファンの間で話題を呼び、さらなるリリースが待望されていただけに、ハイクオリティなサウンドでライブの臨場感を楽しめるこの2曲は注目を集めそうだ。

 さらにOTOTOYでは、今回の配信に合わせてメンバー・インタビューを掲載した特集記事を公開。結成のいきさつから目指すサウンドまでを『サウンド & レコーディング マガジン』の國崎晋が探っており、「「シンセベーシストとして行ける!」と確信を得た」というAZUMA HITOMIや、「魂をどう出すか、まだ決まってない」というUの言葉が紹介されている。配信中の「ひとりじゃ」と「一生懸命シティ」についても語っているので、配信音源と合わせて“まだサンナナニを知らない”という人への入門編としても最適だ。

 また、サンナナニは6月18日・19日に渋谷一帯のライブハウスを舞台に行われた【YATSUI FESTIVAL! 2016】にて、初日のTSUTAYA O-nestへ出演。これまでとは異なり白シャツに赤い腕章を付けたお揃いの衣装で登場したことでファンから驚嘆の声が上がると、この日が初披露の新曲から、配信中の「ひとりじゃ」「一生懸命シティ」まで。強烈なアクトの連続で次々と観客が増えていく痛快なステージを展開し、終演後SNSなどではファンのみならず初見だったオーディエンスからも絶賛コメントが相次いだ。

 本年より活動を本格化し、2月の初ライブより前人未到の快進撃を続けているサンナナニだが、7月13日には結成からわずか半年にして初のワンマンライブ【はじめての微熱。】を渋谷 TSUTAYA O-nestで開催。当公演はチケットの一般発売もスタートしている。また、6月21日には最初から最後まで見れば全額キャッシュバックになる異色のイベント【SOGO PR.0621】への出演も決定している。是非チェックしてほしい。

◎OTOTOY『37°2 LIVE ~ MAY.2016 ~(24bit/48kHz)』配信情報
Track List:
01.「ひとりじゃ」2016.5.26 @ROPPONGI VARIT.(無料配信)
02.「一生懸命シティ」 2016.5.26 @ROPPONGI VARIT.
配信形態 / 価格
24bit / 48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
単曲 200円(税込) ※M02のみ

◎サンナナニ ワンマン・ライブ【はじめての微熱。】
7月13日(水)渋谷TSUTAYA O-nest
OPEN 19:00 / START 19:30
前売 3,000円 / 当日 3,500円(税込 / 整理券番号付 / ドリンク代別)
・チケット発売中
問い合わせ:SOGO TOKYO 03-3405-9999

◎サンナナニ ライブ出演情報
【SOGO PR.0621】
6月21日(火)代官山UNIT
OPEN 18:00 / START 18:30
出演:サンナナニ、LIFriends、中谷優心、神田莉緒香
※当イベントは、最初(開演)から最後(終演)まで楽しんだら全額(1000円)キャッシュバック!
料金:前売 1,000円(ドリンク代別)
※詳しくは公式HPにて掲載

関連記事リンク(外部サイト)

サンナナニ 初の公式ライブ音源「ひとりじゃ」限定視聴スタート! la la larks、GHEEEとの対バンにて発表
進化系ガールズバンド サンナナニ 敬愛するユウ(ex.GO!GO!7188)率いるチリヌルヲワカと2マン実現! 結成半年、7月にワンマン開催も
GO!GO!7188の再来!? 新生ガールズ・トリオ・バンド“サンナナニ”始動!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP