ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『若葉劇団』三男坊の若葉竜也、死刑囚役の映画は壮絶現場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高圧的な父と、徐々に精神を蝕まれていく母。人づきあいが不器用な兄はリストラされて社会から孤立し、弟は無差別殺傷事件を起こして死刑囚に――日常のささいな綻びから、思い描いた“平凡な幸せ”は手からすり抜け、家族は無残にも崩壊していく。

 どこにでもありそうな家庭が抱える闇を描く、6月18日から公開されている映画『葛城事件』。死刑囚となる次男の葛城稔を演じた若葉竜也は、「記憶がすっぽり抜け落ちるほどに、壮絶な現場だった」と撮影を振り返る。

「稔になりきれるまで何度でも撮り直し、OKが出る頃には自分がセリフをしゃべっていたかどうかも覚えていないほど消耗していました。稔は精神的に追い詰められた挙句、父親(三浦友和)から足蹴にされ、首を絞められて。どのシーンも苦しかったです…」(若葉・以下「」内同)

 劇中では死と相反する生の象徴として食事が重要な意味合いを持ち、家族で最後の晩餐を語り合う場面がある。死刑囚の稔にとってのそれは炭酸飲料で、実はこの炭酸にも苦しめられたという。

「炭酸の刺激に弱くて、たまに飲みたくなると氷で薄めて飲むくらいなんです。首を絞められて朦朧としながら炭酸をあおるシーンでは、まさか微炭酸でお願いしますなんて言えずに、陰で地味ながらも必死に格闘していました」

 老舗劇団『若葉劇団』の“チビ玉三兄弟”三男坊としても人気を集めた若葉は、新井浩文が扮する壊れゆく兄の姿に、実の兄たちを重ね合わせたと語る。

「“もしぼくの兄貴だったら”と想像するだけで、どんどん胸がしめつけられました。葛城家では兄弟で比較されることでも悲劇を生みましたが、ぼくは5人きょうだいの真ん中で上とも下とも比較されず、意外と自由に育ちましたね。

 弟よりは兄貴キャラ。妹や弟もぼくに相談してくることが多いんです。嬉しいけど、『ディズニーランドに行くからお小遣いちょうだい』とか言われると、“三男なのに”って毎回腑に落ちないんですけど(笑い)」

 妹の恋愛相談には乗るが、自身の恋バナにはめっぽう弱い。

「さっきも好きな女性のタイプを聞かれたら汗が止まらなくなって、ドライヤーをかけ直しました」

 時には将来についても、熱く語り合うことがあるという。

「家族でそういう話をするのがいちばん照れくさいです。だけどそんな他愛のない日常こそ、家族にとっては大切な時間なのだと、作品を通じて身に染みました」

【若葉竜也(わかば・りゅうや)】
1989年6月10日、東京都出身。演劇界の老舗劇団『若葉劇団』で、1才3か月で初舞台を踏む。キャリアは長く、大胆かつ繊細な演技に定評がある若手屈指の実力派。演技の幅が広く、NHK大河ドラマ『徳川慶喜』や蜷川幸雄『ロミオとジュリエット』など、数々のドラマや舞台で活躍。家庭崩壊を描いた18日公開の映画『葛城事件』では、死刑囚となる凶悪な無差別殺傷犯を演じた。

撮影■中村功

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
殺人事件で死刑判決受けた元少年らに取材 死刑を考える本
赤軍、オウム、林真須美ら死刑囚78人の肉筆を週刊誌が掲載
死刑囚との対話や執行立ち会い等の体験描くノンフィクション

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。