体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地ルポ】線路にアウトドアチェア!パリの旧車両基地がお洒落な広場に

フランス国鉄(SNCF)はパリの18区にある旧車両基地で今年もイベントを開催。Grand Train/グラントラン(大きな列車)と呼ばれるこのイベントでは、レストラン、バー、農園、マルシェ、映画の上映、フットボール観戦、フランスの球技ペタンクなど、魅力的な催しが行われています。

昨年計20万人が訪れたこの夏のイベント、Grand Trainを現地からリポートします。

■あわせて読みたい
行列嫌いなフランス人もついつい並んでしまう、パリの美味しい店5つ
http://tabizine.jp/2014/06/09/11810/

旧車両基地がイベント広場に変身

パリの旧車両基地がお洒落なイベント広場に!Grand Trainグラントラン パリの旧車両基地がお洒落なイベント広場に!Grand Trainグラントラン パリの旧車両基地がお洒落なイベント広場に!Grand Trainグラントラン

1845年に建設された、パリ北駅の車両基地は2013年に廃業され、廃墟となりました。時代に置いてきぼりにされた寂しい場所。しかし、昨年開催されたこのイベントで、この車両基地が再利用されることとなったのです。

廃墟でやるからこそ、冒険できる自由な空気感。Grand Trainはこの古寂びた場所に息吹を吹き込み、今までのパリにないような画期的なイベントとなったのです。

パリの旧車両基地がお洒落なイベント広場に!Grand Trainグラントラン パリの旧車両基地がお洒落なイベント広場に!Grand Trainグラントラン

路線上にはアウトドアチェアが並べられ、ちょっとしたバカンスのような開放的な雰囲気。すぐ隣りには小さな農園もあります。倉庫はカフェやバーになっていて、列車やレトロな家具たちに彩られています。

鉄道好きにはたまらない列車の展示

パリの旧車両基地がお洒落なイベント広場に!Grand Trainグラントラン パリの旧車両基地がお洒落なイベント広場に!Grand Trainグラントラン

このGrand Trainの目玉のひとつは25の機関車の展示です。ここは列車の博物館ではないかと思えるほど、フランスの鉄道の歴史を彩ったレトロな機関車を一斉に見ることができます。SNCFの列車をテーマにした雑貨を取り扱うお店もあります。

充実したレストランやバー

パリの旧車両基地がお洒落なイベント広場に!Grand Trainグラントラン パリの旧車両基地がお洒落なイベント広場に!Grand Trainグラントラン
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。