ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ときめかなければ返金も!?史上初、休暇村の「ときめき保証プラン」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本全国37か所に宿泊リゾートをもつ休暇村。設立55周年に改めて打ち出されたコンセプト「自然にときめくリゾート」に合わせて登場した「ときめき保証プラン」がかなり気になる内容なんです。

夕日の絶景や天空の露天風呂、オーシャンビューの客室など、用意されたときめきポイントに “もしときめかなかった場合は返金” もあり! という驚きのプランを、本日記者発表で取材してきました!

■人気関連記事
【瀬戸内海の不思議スポット】昔は毒ガス島、今はうさぎ島
http://tabizine.jp/2014/01/04/3583/

舞台は和歌山県「休暇村紀州加太」

今回「ときめき保証プラン」が登場するのは、7月1日にリニューアルオープンする「休暇村紀州加太(きしゅうかだ)」。旅好きの間でも人気のリアルラピュタな無人島、友ヶ島をはじめとする美しい島々が浮かぶ海を望む、絶景リゾートです。注目のプランはオープンより1日1組限定で用意されているそう。


ときめきストーン

「ときめき保証プラン」では、宿泊の際10個のカラフルな「ときめきストーン」が渡されます。宿のときめきポイントを楽しんだ後、心がときめいたところにストーンで投票。投票する個数は、それぞれのときめき度に応じて自由に決めていいそうです。

万一ときめかず、手元に残ったストーンは、なんと1個につき宿泊料金の10%をその場で返金してくれるのです。つまり10個残った場合は100%返金されることになります! なんという太っ腹! 出かける前から、なんだかワクワクしてしまいますね。

ときめきポイントとは?

宿に用意されたときめきポイントとは、今回のリニューアルポイントでもあります。紀州加太ならではの魅力をラインナップしたというときめきポイントを、ちょっとのぞいてみましょう。

ときめきポイント1:夕陽百選の絶景

露天風呂やロビー、宿のあらゆるところから眺めることができる夕陽百選にも選ばれた絶景。太平洋と瀬戸内海をつなぐ紀淡海峡(きたんかいきょう)の水平線に沈む夕陽も素晴らしいものですが、夕陽が見られない霧の日も、雲海に浮かぶ島々が天空の城のように神秘的に見えることがあるのだとか。

ときめきポイント2:天空の湯

6つの湯船が楽しめる天空の湯はもちろん温泉。すべての浴槽、サウナから景色を楽しめる展望風呂だそうです!

中でも素晴らしいのが、空から美しい海を見下ろすインフィニティ風呂。いつまでもつかっていたくなりそうです。

ときめきポイント3:全客室オーシャンビュー

休暇村紀州加太の客室は全室オーシャンビュー。明石海峡大橋や四国まで見渡せます。落ち着いたインテリアは、シンプルながら高級感あり。

ときめきポイント4:ライブキッチン「紀伊の国」

リニューアルで登場したライブキッチンは五感で味わえる料理が自慢。
新鮮な海の幸はもちろん、大きく広がる窓からの海の眺めもごちそうです。


「ときめき保証プラン」の特別料理

「ときめき保証プラン」には特別の料理コースが用意されているそうですよ。豪華に盛られた魚介や熊野牛は、お好みの調理法をリクエストできます!

ときめきポイント5:ふれあいプログラム


朝のお散歩会 砲台跡

奈良時代から栄える歴史ある加太の町をスタッフの案内でお散歩する「加太の町歩き」や、以前から人気がある「朝のお散歩会」、加太産のテングサを使ってのところてん&梅ゼリー作りなど。ガイドブックには載っていない加太の魅力を発見できそうですね。

いかがでしたでしょうか。ときめきを保証する、ということはそれだけ魅力に自信があるということ。思わず期待がふくらみます。こちら「ときめき保証プラン」は、本日6月15日より予約開始だそうです。これはきっと、早い者勝ちですね!

休暇村紀州加太「ときめき保証プラン」
期間:平成28年7月1日〜9月30日
1日1組2名限定
1泊2食 2万5000円(消費税・入湯税込)
※販売開始は6月15日より。電話(073-459-0321)または公式ホームページにて受付中(プラン一覧ページにて「さらに条件を設定する」からプラン名で検索するのがおすすめ)

■人気関連記事
【瀬戸内海の不思議スポット】昔は毒ガス島、今はうさぎ島
http://tabizine.jp/2014/01/04/3583/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP