ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

同時に6台のスマホを高速充電できるパッド式充電ツール「Fli Charge」が大人気!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電子デバイスの充電問題は常につきまとう問題。スマートフォンにタブレット、電子カメラなどなど、さまざまな電子デバイスを充電しようとすると、コンセント周りがグチャグチャになったり、充電効率も悪くなりがち。

「1度にいろいろなデバイスを高速で充電できたらいいのに……」という欲張りな願いをかなえてくれるのが、「Fli Charge」という充電ツール。

充電パッドに乗せるだけで、一挙に6台以上のスマートフォン、タブレットなら3台以上を充電できるという。

・コンセントから直接充電する並みの高速充電

これまでにもパッド方ワイヤレスチャージのツールは他にも登場しているが、1台しかチャージできなかったり、厳密な配置場所に置かないと充電が作動しなかったり、充電スピードがイマイチだったりした。

「Fli Charge」の場合、“感応式”ではなく“伝導式”の技術を採用しているのが特徴。そのため、40ワットの高速充電が可能になり、かつ充電パッドのどこにデバイスが置かれていても、充電ができるようになっている。コンセントから直接充電するレベルの速さというから驚きのスピードだ。

・パッドのどこに置いても充電可能!

ただし、「Fli Charge」の充電システムに対応させるためには、専用ケースに電子デバイスを収容しておく必要がある。

ケースに入れたスマートフォンを充電パッドに無造作に置いたとしても、ちゃんと充電が開始される。LEDが青に変わり、これが充電中状態を示す。

また、専用の「Flicube」「Flicoin」というアクセサリが用意されていて、「Flicube」は磁気タイプのUSBポート、「Flicoin」にはMicroUSBまたはLightningコネクタを搭載。

専用ケースに入れずに充電したいときや、ケースに入らない大きさのタブレットなどのデバイスを充電したいときにつなげて使おう。

Qi給電のようなシステムではないため、専用ケースに入れる必要があるが、高速で1度にたくさんのデバイスを充電できるのは大きな魅力。

今のところ、対応端末はiPhone 6, iPhone 6S、Samsung Galaxy S6、S6 Edge、S7、S7 Edgeなどだが、今後さまざまな端末に拡大されるのを期待したい。

・Indiegogoで出資を受付中

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中で、超早期予約価格89ドル(約9200円)はすでに売り切れる人気ぶりのようだ。

Fli Charge

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP