ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ゆとりですが”とか言ってられない…ガチすぎる旅番組「水曜どうでしょう」の代表的な企画7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「水曜どうでしょう」は、北海道テレビ放送が制作した人気バラエティ深夜番組。

地方局が制作した番組ながら、ゆるっとした雰囲気とタレントとディレクターの掛け合いが絶妙で、全国的に人気となりました。

今回の記事では、そんな「水曜どうでしょう」の代表的な海外企画をご紹介したいと思います。無謀な海外チャレンジ企画が多い、「水曜どうでしょう」の旅。

皆さんは、どの旅がお気に入りですか?

 

オーストラリア大陸縦断3700キロ

photo by shutterstock

オーストラリアで行った「水曜どうでしょう」初の海外ロケ。

オーストラリア大陸3700キロを4日間で縦断するという、なんとも無謀な企画です。

厳しいタイムスケジュールと野生すぎる自然に苦しみながらも、なんとか目的地へと到着することができました。

 

ヨーロッパ21ヵ国完全制覇

photo by shutterstock

「メルヘン」を旅のテーマに掲げた、ヨーロッパ21ヵ国完全制覇の旅。21ヵ国を実質8日間で回るという、これもまた無謀すぎる企画!

どうでしょうメンバーであるミスターこと鈴井貴之は、「この旅で21ヵ国回れなければ、僕は番組を辞める」という言葉さえ口にした気合の入れよう。

しかしながら、やはり全ての国を回ることはできませんでした…。

 

マレーシアジャングル探検

photo by shutterstock

あまりにも過酷だったマレーシアジャングル探検。

特にブンブンと呼ばれる動物小屋で一夜を過ごした時は、ミスターが鹿を虎と見間違えるという大失態!

洞窟探検で汚れだらけになるなど大変なことばかりのジャングル探検でしたが、その分面白さもピカイチです。

 

北極圏突入 〜アラスカ半島620マイル〜

photo by shutterstock

こちらは、ミスターの「オーロラが見たい」という夢を叶えるために行われた企画。

キャンピングカーを借りて、車内で宿泊したり食事をしたりしながら、北極圏を目指しました。

結局オーロラを見ることはできませんでしたが、この企画で大泉が料理長を任されたことから、その後も続いていく「シェフ大泉」の企画が生まれました。

 

アメリカ合衆国横断

photo by shutterstock

レンタカーを借りて、東はサンフランシスコから西はワシントンD.C.まで走破したアメリカ合衆国横断の旅。

カジノで負けたり、大泉が倒れたり、ミスターがインキーして出発時間が遅れてしまったりと、様々なトラブルに見舞われながらも、無事横断することができました。

 

中米・コスタリカで幻の鳥を激写!

photo by shutterstock

大泉が「写真家」として登場した、中米・コスタリカの旅。

どうでしょう班がバズーカと呼ばれる巨大なカメラを持ち歩きながら、ケツァールを撮影しようと試みました。

最初に訪れたコルコバード国立公園では見ることができませんでしたが、最後に訪れたサン・ヘラルド・デ・ドータで見事撮影に成功しました。

 

ユーコン川160キロ 〜地獄の6日間〜

photo by shutterstock

前企画として行われた「対決列島 〜甘いもの国盗り物語〜」において、敗者チームとなった鈴井・大泉の「ミスターチーム」に対する罰ゲームとして行われた企画です。

カヌーでユーコン川を下るという、何ともハードコアでアウトドア感が満載!

また、カナダの雄大な自然を満喫できる企画としても有名です。

 

原付ベトナム縦断1800キロ

photo by shutterstock

「水曜どうでしょう」の最後の企画として有名なのが、この「原付ベトナム縦断1800キロ」。

その名の通り、ベトナムを北部のハノイから南部の商都ホーチミンまで、カブで縦断するというなんとも無謀な企画です。

ベトナムは車よりもバイク天国、つまりカブ社会で、最終回を飾るに相応しい過酷さと、ハプニングが続出した企画です。

 

今も語り継がれる伝説の番組

北海道のローカル番組として誕生した水曜どうでしょうですが、今では知らない人がいないくらい、伝説的な番組として有名です。

企画内容も、他の番組とは一味も二味も違う面白さがありますね。

まだ観てない!という方は是非チェックしてみてくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

6ステップで誰でもできる旅行計画の立て方
母と娘の「親孝行旅行」に行きたい6つの理由
東京タワーの展望台と同じ高さからダイブ!世界の絶叫バンジージャンプ・ベスト5
【保存版】海外旅行での節約やお金に関する記事17選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP