体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

傑作サスペンス『クリーピー 偽りの隣人』黒沢清監督インタビュー「とても日本的な情景の上に作られている」

黒沢清

現在大ヒット上映中の映画『クリーピー 偽りの隣人』。西島秀俊演じる主人公の「高倉」とその妻が、香川照之演じる奇妙な隣人に翻弄されていく姿を、天才・黒沢清監督が描いたサスペンス・スリラーです。

“クリーピー=奇妙な・不快な”というタイトルどおり次々と恐ろしい事が起るのに、目が離せない絶妙なバランスで作られている本作。黒沢清監督に映画の演出について色々と伺いました。また「隣人への挨拶」からトラブルが発展するという、日本人ならではの描写について海外の観客は何を思ったのか? など、ここでしか読めない必読インタビューです。

クリーピー 偽りの隣人―本作はベストセラーとなった前川裕さんのミステリー小説の映画化ですが、本はお読みになられましたか?

黒沢監督:とても面白く読みました。ただ、過去の部分は映画にとって必要ないと判断しました。物語の時制が過去にもどることって、映画は実は得意ではないんです。本だと読み進めていくうちに自然に過去のことが頭に入ってきますが、映画の中で回想シーンを入れても大抵つまらなくなってしまう。映画の観客は主人公が今どうしているか、これからどうするのかに最大の関心があるようです。なので、原作をあくまで現在形で語るという方向で脚色を進めました。

―原作と映画でここを削った、ここのバランスをとった、という部分はありますか?

黒沢監督:まず原作に登場する多くの人物を最小限に絞りたいと考え、思い切って「追い求めていた犯人は実は直ぐ傍にいるかもしれない」という原作の素晴らしいアイデアをメインに使いました。結果、物語がほぼ主人公の住むご近所だけで成立する非常にコンパクトなものになりました。

―その隣人がとてつもなく恐ろしかったわけですが、黒沢監督ご自身が人間を恐いと感じる事もあるのでしょうか?

黒沢監督:映画の中では宇宙人が襲ってきたり幽霊が出て来ても良いわけですが、ハリウッドよりも予算の無い日本の映画では「周りの人間が一番恐い」という発想を使うのが効率的で自然なのかなと思います。

―本作は「実際にありそうな事件」という部分と、映画的な表現の部分のバランスがとても面白かったと感じました。特に、西野(香川照之)の部屋や、部屋に置いてある色々な道具が印象的です。

黒沢監督:とことんリアルにやるという表現もありますし、実は似たような事件は実際にあるので、西野の室内をそれに似せて作るやり方ももちろんありました。そういうリアルな映画も面白いかもしれないと迷ったんですけれど、非現実的にはしないまでも「えっ、これ現実のあの事件?」と思い出すというよりも、「これはエンターテインメントでありフィクションなので楽しんでください」というダーク・ファンタジーの方向こそが、この作品が最終的に目指すものだという結論に達しました。

それで、「突飛すぎてもダメだけどあまりリアルじゃないほうがいい」と美術部にお願いして、彼らが「わかりました!」と気合を入れて作ったのが、あの道具と部屋です。生々しくやれば本当嫌な感じの作品になっちゃうんですよ。

―また、後半には色々なショッキングなシーンが出て来ますが、それにもたくさんのアイデアがありますね。

黒沢監督:原作も含めてこういう物語なので、後半のどこかで死体の処理をしていなければいけない。それこそ現実にはバラバラにしたりするわけで、そういうシーンも撮れるんですけど、自分はこう見えても、血みどろなシーンって苦手なんですよ……。映画の中で血が出てくるのが本当に嫌なんです。

あと、この映画を意地でもR指定にしたくないと思ったんですね。血は一滴も出ないけど、ちゃんと処理しているように見える表現はないものか? と考えた結果が、あの方法です。おかげでこんなにひどいことをしているにも関わらず、何の指定も受けていません。あの死体処理方法を事前に助監督で試したんですが、これがね、面白いんですよ(笑)。

1 2 3次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。