ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

館山の地魚を味わい尽くす、絶景の店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月20日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、目の前の海で獲れた新鮮魚介を使った絶品グルメを特集。リポーターの池田沙絵美さんが、海の幸の新鮮さだけでなく、料理の技も楽しめるという「なぎさ食堂」(千葉県館山市)を訪れた。

海の際に立つ観光施設2階、館山湾の絶景を一望できる同店で人気のメニューはなんとパスタ。こちらでは和食から本格イタリアンまで楽しめるのだという。
中でも名物なのが、イセエビやキンメダイ、ワタリガニなど魚介類をふんだんに使い、自家製トマトソースでじっくり煮こんでそれぞれの食材の旨さを凝縮した「豊漁パスタ・海の幸オールスターズ」(2830円/税込)。パスタを頂いた池田さん「魚介の旨みがトマトソース煮しみ渡っているんですよ。深い味わいです。」とコメント。房州産伊勢海老のお味は「プリップリだし肉厚なので、あま味を強く感じるんですね。おいしい。」と大絶賛。イタリアン担当の料理人が腕をふるうメニューは14種類。カサゴを使った「房総地魚のアクアパッツァ」(1980円/税込)は、魚介の風味が鼻孔をくすぐり食欲をそそる一品。
和食にもこだわりがあり、東京の名店で腕を磨いた料理長が手掛けるのが「季節の焼き魚定食」(1630円/税込)。ハマスの塩焼きとサワラの西京焼き、イカとワタのホイル焼きの三品をメインに、刺身、ご飯、味噌汁も付いたボリュームのある品だ。
更に同店自前の定置網漁で水揚げされた朝獲れ地魚を使い、味わいの違う魚を5種類ほど組み合わせ、アツアツご飯の上に乗せた「房総なめろう丼」(1680円/税込)も頂く。「む、食感がすごいです。」「最初、とろっとした魚の粘りを感じるんですけど、コリコリっとした面白い食感の魚もあって、ミソの甘い風味と新鮮な魚と相性が最高にいいんですね。」「これはおいしい。」と房総の新鮮地魚の味わいを堪能した様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:館山なぎさ食堂(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:館山のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:館山×和食のお店一覧
究極コラボ!「ローストビーフ油そば」
天つゆ代わりに冷たいジュレで頂く「冷やし天丼」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。