ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野村訓市 夜に音楽を聴いていたら幼稚園児の娘に怒られる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

野村訓市 夜に音楽を聴いていたら幼稚園児の娘に怒られる
J-WAVEの日曜20時からの番組「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」(ナビゲーター:野村訓市)。6月19日のオンエアでは、野村の趣味である「レコード」の魅力、そして、野村がレコードを聴くにあたり、どうしても古い機材が欲しいと思うようになった、ある人物との思い出を語りました。

近年は便利なデジタル音楽機器におされ“マニアックな趣味”の色が強くなったレコード。レコードの音を聴いたことのない人も、増えているのではないでしょうか。そんな中、自宅では50年代の業務用巨大スピーカーとアンプでレコードを聴いている野村。その音の魅力について「録音している歌手の息吹が聴こえる。小さなため息まで耳元で歌われているような音がする」と話します。

日頃聴く機会が少ない音だからこそ“旅”の気分も感じられそう。レコードを聴きながらお酒を飲むことこそ、番組名にもなっている「TRAVELLING WITHOUT MOVING=動かずにする旅」を体現する行為だと野村。

「一人でレコードを聴いていると、たちどころに意識がどこか遠いところに飛ばされ、時間の流れから離れたところへ連れて行かれる。近い思い出、遠くの思い出が重なりあって、いろんなことを思い出したり景色を見たりしたような気がします」

ただ、夜中にそんな“旅”にのめり込んでいたところ、幼稚園児の娘からは「何時だと思ってるの! うるさくて眠れないじゃない!」と舌ったらずな声で怒られたというエピソードも…。

もともと古いものが好きだったという野村ですが、本格的にレコードや骨董オーディオにハマったのは、俳優で映画監督のヴィンセント・ギャロとの出会いがきっかけ。完璧主義者といわれるギャロは、古いアンプやステレオに情熱を注いでおり、部屋のリビングには30年代のアンプやマイクなど、貴重な機材がゴロゴロ。野村はその様子を見て「無骨で、つまみがたくさんついている。つまみがあるとつまみたくなるのが男の心理というもので…」と、古い機材にハマっていってしまったそうです。

実は、ギャロがここまで古い機材を収集する理由は「昔の音がどんな音だったのかを聴くには、作者が録音して、音をチェックしたときに使った機材で、なおかつそれでOKを出したものが最良のもの」だと信じているから。野村もその言葉に共感したといいます。

「たとえば、古いバルテックのスピーカーとアンプが置いてあるスタジオで、酒を飲みながら、シャツ一枚になったマイルス・デイヴィスがトランペットを吹いて、そこでチェックをして『これが最終テイクだ』って言っていたんじゃないだろうかと。ニヤニヤ想像していると、座って音楽を聴いている周りの風景がモノクロになっていく」

その音だけで、どんな時代にも場所にも空想旅行できる「レコード」というメディア。機材も必要で、片面が終わればひっくり返す手間もかかりますが、それも「新しい旅への準備」。梅雨でなんとなく憂鬱な日には、レコードに針を落として“動かずにする旅”を楽しんでみてはいかがでしょうか。

野村訓市とのラジオ上の旅「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」は、日曜20時からです。こちらもどうぞお楽しみに。

【関連サイト】
「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/travelling/

野村訓市 「裸足が“天然の靴”と化せば無敵」(2016年06月13日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1757.html

キャンプ経験が豊富な野村訓市 「怪談はご法度…」(2016年05月23日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1627.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。