ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豊富な資金力のSBと巨人 何が両軍の明暗を分けたのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球交流戦での直接対決は「球界の盟主」の交代を強く印象づけた。6月10~12日のソフトバンク―巨人3連戦は、ソフトバンクの全勝。巨人は昨年の交流戦から同カード6連敗となった。

 ソフトバンクの強さは、戦った者が一番感じている。巨人の主将・坂本勇人は「正直、強い。あそこに勝てる強さは僕らには足りない。選手がみな感じている」と白旗を上げた。

 両球団とも球界トップの資金力を誇る。今季の支配下選手の平均年俸はソフトバンクが6960万円。今季初めて巨人(5787万円)を上回り1位となった(巨人は2位)。12球団の平均が3712万円だから、2球団が群を抜いている。

 しかし、戦績は比較にならない。巨人は黒星が先行し、セ・リーグ3位(15日終了時点)。ソフトバンクはすでに40勝に到達、早くも優勝マジック点灯が話題になっている。

 同じように大金をはたいているのに、なぜここまで差が付いてしまったのか。あるプロ球団関係者は、こう断言する。

「たとえソフトバンクの3倍のカネを巨人が使ったとしても、今のままの体制では、決してソフトバンクを上回ることはできない。“カネの使い途”がまるで違うんです。極端にいえば、10億円あったら、巨人はそのほとんどを選手の獲得費に使うだろうが、ソフトバンクは7億を補強に、3億を“選手の育成・バックアップ”に使うというイメージです」

 5年前、ソフトバンクは他球団に先駆け「三軍」を創設した。今年から巨人もそれに倣って三軍制を敷くが、内実は大きく異なる。

 ソフトバンクは今季から二軍・三軍の新球場『ベースボールパーク筑後』(福岡県筑後市)をオープンした。2つある球場は一軍の本拠地ヤフードームと同サイズで、投手の映像が出るバーチャル型打撃マシンや流水プールまで完備している。建設費60億円、管理費年間5億円ともいわれるが、特にすごいのは、屋内練習場に32台の小型カメラを配備していることだ。

「それらの映像は全てコーチ陣の元に集約される。選手の状態を細かく把握するためにカネを惜しまない。三軍といえど実戦経験を積ませるため、今年は韓国・台湾遠征など約90試合をこなす。巨人の三軍も79試合を組んでいるが、バックアップ態勢は遠く及ばない。球場が二軍と共用で、手狭感は否めない」(スポーツ紙デスク)

 二軍・三軍施設の充実は、戦力補強にも大きく影響を与える。高校生と大学社会人の分離ドラフトが廃止された2008年以降、ソフトバンクは43選手中28人と高校生を多く指名している。対照的に巨人は44選手中19人と半数に満たない(いずれも育成ドラフトは含まない)。

「ソフトバンクは昨年のドラフト指名6人が全て高校生。『2~3年かけて一軍に上げる』という長期的ビジョンを持っているんです。結果、2007年3位の中村晃、2009年1位の今宮健太、2011年1位の武田翔太など生え抜きが着実に育っている。大卒ですが、トリプルスリーの柳田悠岐もファームが育てた。

 一方、ジャイアンツは毎年、即戦力投手中心のドラフトで、将来の4番候補といわれる高卒の岡本和真や大田泰示はファームと一軍を行ったり来たりのドタバタ起用。サードを村田修一で固定し、ファーストに脇谷亮太や阿部慎之助を使っても、3年後、5年後に何が残るのか。結局、若手が育たない穴をFAや外国人選手でしのぐしかなくなる。FAをあくまでプラスアルファと考えているソフトバンクとは根本から違っている」(同前)

※週刊ポスト2016年7月1日号

【関連記事】
巨人ファンの間で「オープン戦3位の呪い」ジンクス囁かれ中
日本屈指の投手コーチW獲得 ソフトバンク「アリババ補強」
「横浜主力獲得で日本一」都市伝説根拠に巨人は金城に食指?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP