ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

決して良好とは言えない姑との関係。産後の嫁を気遣うどころか、するのは夫の心配ばかり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

結婚当初から義両親に気に入られてないのは自分も解っていました。

学歴・お家柄といった肩書で判断すると、この家に相応しくないのも解っています。でもそれでも夫が一番の理解者なので、それだけでも十分かなと思って過ごしてきました。料理や裁縫といった女性らしいことでさえ不器用な人間です。それでも義父はそれを表面に出さずにいろいろと優しく接してくれます。

ところが義母に関してはもともとフィーリングが合わないのか、同性同士だからか、そういう性だからか、あからさまに文句を言ってきます。それも、身内のことはさておき私の実家を持ち出してはそれをネタにもう悪口もいいところの発言をしてきます。

結婚して5年目に入りましたが、ヒートアップしたかと思えばまた落ち着く、といった波のある関係であることは変わりません。決して良好な関係とは言えない、私と姑との間にはドロドロとした境界があるのは事実です。 関連記事:鳴り止まぬ電話にアポなし訪問。近過ぎでも離れ過ぎでも悩んでしまう。姑との「距離感」ってむずかしい

私は長男を出産し、流産を経て第二子の女の子を出産しました。よく、関係が最悪だったのに孫ができてから姑の態度が変わって、今では良好な関係を築けています、といった話をきくことがあります。現に私もそれを理想としていますが、妊娠の報告から約10か月の妊娠期間を経て出産に至り、その後も期待しなくてよかったと思うほど、私に対するひどい態度は続きました。

まず一番は自身の息子(夫)。自身の孫以上に可愛がっています。娘が生まれるまで仕事と家事を並行してこなしてきたからか、「旦那さんが元気で過ごせるのは奥さんの食事」が毎日の口癖です。切迫早産になっても私に対する心配ではなく、“奥さんがちゃんと家のことをやってくれなくて息子が可愛そう”と言った感じで息子の心配ばかりでした。そんな義母だからこそ、義母にとって嫁は孫を生んだとしてもいつまでも他人なんだと思いました。

連日までとはいきませんでしたが、産後の5日間の病院生活中、時間があれば夫は顔を出してくれました。我が子をみるために来てくれるのは父親として当然のこと。

でも、仕事に我が子の相手にと、普段なかなかこなせないタイトな生活で疲労も増したのか、夫が体調を崩した途端、義母からは「どうして、産院まで遠いのに『仕事も大変だから来なくていいよ』って言えなかったわけ?あの子すごい辛そうよ。倒れて、仕事休んだらどうしてくれるの?私の息子なのよ。奥さんならそういうことも考えてくれなきゃ困るわよ」と恫喝されました。

産後で心身ともに疲れているのにここまで言うかと、もう怒りしか湧いてきません。 関連記事:結婚早々勃発した、嫁 VS 姑+小姑問題。離婚に至るまでの壮絶な一部始終を聞いてください

著者:かるを

年齢:33歳

子どもの年齢:長男4歳、長女9か月

長男の幼稚園入園と出産が重なり、慌ただしい毎日を送っております。自我が芽生えた息子は日に日に成長と同時にいたずらの度が過ぎていくばかりで乳飲み子を抱えながらの子育ては毎日エネルギーを消耗します。一人の女性としてもっと磨きをかけたいもののそんな時間はいつになったらやってくるのか……老いる一方の33歳肝っ玉母ちゃんです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

こんなの私だけ?妊娠してから傷つきやすくネガティブな自分に困惑…
妊娠中のほっこり体験談
ディズニーがつないでくれた思いやり

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。