ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MACHINA、白熱のギャラリーイベントにて2nd EPリリースを発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Yeo HeeのソロプロジェクトMACHINAが、初の自主イベント『Call Me Machina』を恵比寿にあるギャラリーKATAで開催した。
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA (okmusic UP's)
この日はMACHINAとエレクトロユニットMother Tereco、VJユニットICHIGAYA ORCHESTRAの3組による初めての競演。ライブスペースとして有名なLIQUIDROOMの2Fにあるハイセンスな空間で、熱いライブが繰り広げられた。

最初にステージに登場したのは、Mother Tereco。元Open Reel Ensembleメンバーの佐藤公俊と難波卓己からなるユニットで、ファッションショーやアートスペースでの音楽などを手掛けてきた二人だ。ステージを占領する電子楽器の数々が異彩を放っていたが、リズムやシンセのアンサンブルで演奏が始まると、ゆっくりと心地よいグルーブが生み出され、ウォーミングなサウンドで会場が包まれていった。

続いてステージには、ableton pushを中心にまとめられたMACHINAのセットが登場。彼女がステージに現れると、シンセやボーカルをリアルタイムで多重録音していくルーピングを駆使して、クールなサウンドを作り上げていく。そこに透明感のある艶やかなボーカルが乗り、オリジナルのMACHINAワールドで会場を魅了した。

ガジェットの扱いも巧みだが、やはり彼女の魅力は透き通ったボーカルにある。曲によって日本語、英語、韓国語を使い分けて歌う知的で美しい姿に、会場のファンはあっという間に引き込まれていった。

また、MCではニューEPを9月7日にリリースすることを発表し、待ち望んでいたファンの熱い声援と拍手の渦に包まれた。ラストにはMACHINAとMother Terecoによるセッションが行われ、ICHIGAYA ORCHESTRAのVJもヒートアップ。会場は熱いグルーブに包まれ、エレクトロニカとアートで繋がった3組による競演は幕を閉じた。

Photo by Munehide Ida

【リリース情報】
E.P.『タイトル未定』

2016年9月7日発売

YHM-002/価格:未定

『Call Me Machina』@ギャラリーKATA (okmusic UP's)
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA (okmusic UP's)
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA (okmusic UP's)
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA (okmusic UP's)
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA (okmusic UP's)
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA (okmusic UP's)
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA (okmusic UP's)
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA (okmusic UP's)
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA (okmusic UP's)
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA (okmusic UP's)
MACHINA (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。