ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4つの会社経営でも18時退社! 仕事の速い人の”パソコン術”とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あなたの会社にいる妙に仕事が速い人。一見、特別なことをしている様子はないのに、何故なのだろうと不思議に思ったことはありませんか? 

 本書『仕事が速い人ほどマウスを使わない! 超速パソコン仕事術』の著者である岡田充弘さんも、そんな仕事が速い人のひとり。岡田さんは、4つの会社を経営し、仕事量もかなりあるにもかかわらず、基本的に毎日18時には退社して趣味や食事を楽しんでいるといいます。しかし、その速さは、岡田氏自身の特別な能力や才能ではなく、実はパソコンに秘密があるとか。

「仕事のスキルアップはもちろん大切ですが、それには時間がかかります。しかし、パソコン作業の効率化は、『ワザ』を覚えるだけで時短効果を実感することができます」(本書より)

 そこで、パソコン作業の中でも苦手な人が多い「Excel」の”ワザ”を本書からセレクトしてみましょう。

1.「Shift」+「F3」
セル上で押すと関数が開き、選択肢のなかから適切な関数を選ぶことができます。関数名を知らなくても、検索や分類から探せば、選択肢として現れる関数名と解説から、必要なものを見つけることができます。

2.「Alt」+「Shift」+「=」
数字が入った列の最下行でこのキーを押すと、SUM関数(小数)が挿入されます。いつでもさっと足し算ができるようになるので、計算機の代わりとしも使えます。

3.=ROW()-(数字)
表の行数を基準に採番(番号をつける)する関数で、作表時の項番号の付与に使えます。たとえば、1行目をタイトル行、2行目を項目行、3行目からデータスタートさせたい場合には、「ROW()-2」のようにしてA3以降のセルにコピーすれば、1,2,3,4…と続けることができます。

 岡田さんによれば、Excelに限らずパソコンの「ワザ」を取得するには、”訓練”という意識は捨てて、ゲームや楽器のように、楽しみながら身につける感覚が大切だといいます。

 本書では、こうした「ワザ」を80個にまとめて紹介。マウスを使わずに済む「ショートカットキー」をはじめ、文章作成術、メール術、情報検索術など多岐に渡ります。数々の「ワザ」は、仕事が終わらないと悩むビジネスパーソンにとって、まさに”救世主”といえそうです。いつもより仕事を早く終わらせ、有意義な時間を確保してみてはいかがでしょう。

■関連記事
ゲームクリエイターが福岡に注目する理由とは
上がり続ける人類のIQ スマホも脳に良い影響を与えている?
有意義な情報を得る、賢い街の歩き方とは

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。