体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第5回クロアチア編」

クロアチア在住、TABIZINEライターの小坂井真美です。海外現地の最新スーパー事情をお届けする新コラム「世界のスーパーマーケットをめぐる旅」。商品のラインナップやオリジナルエコバッグ、日本とは少し異なるスーパーの利用方法まで、海外旅行の際に知っておくと便利な情報をリレー形式でお届けします!

■人気関連記事
【在住者オススメ】欲しくなる、行きたくなる、クロアチア土産12選
在住者がお伝えする、クロアチアを訪れるべき8つの理由
クロアチア「7つの世界遺産絶景」【今人気急上昇の旅行先!】
在住者が教える、クロアチアをお得に旅するためのアドバイス6つ
在住者がお伝えするクロアチアの治安、気をつけるべきポイント6つ

世界のスーパーvol.5は、クロアチア編です!

クロアチアの有名スーパー

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第5回クロアチア編」
ザグレブのドラツ市場 (C)Mami Kosakai

クロアチアでは、各町や地区の中心地で毎日朝早くからお昼頃まで開催される青空市場をよく見かけますが、普通のスーパーも町のあちらこちらでよく見かけます。

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第5回クロアチア編」
(C)Mami Kosakai

クロアチアの有名なスーパーは「Konzum(コンズム)」。クロアチア中に多数店舗を展開しているので、旅行中にお世話になる人も多いと思います。その他にはSPARやLidl、BILAなど外資系のスーパーもよく見かけます。

日本とはココが違う!スーパー攻略法

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第5回クロアチア編」
(C)Mami Kosakai

クロアチアのみならず海外のスーパーではよく見かける光景ですが、野菜や果物は基本的に量り売り。日本のように袋やパック入りのものはあまりみかけません。

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第5回クロアチア編」
(C)Mami Kosakai

上の写真のように“kn/kg”と記載されている商品は、1kgごとに値段が設定されているため、欲しい分だけ自分で袋に詰めます。

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第5回クロアチア編」
(C)Mami Kosakai

詰め終えたら、秤の上に袋を置いてください。それぞれの商品に番号(šifra)が振り分けられているので、その番号のボタンを押せばバーコードが出てきます。あとはそれを袋にペタリと貼り付けるだけです。

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第5回クロアチア編」
(C)Mami Kosakai

また、上の写真のように”KOM(komad)”と書かれているものは、1kgあたりの値段ではなく商品ひとつあたりの値段、”PAK”と書かれているものは、1パックあたりが表示されています。このような商品はバーコードのシールをつけずに、そのままレジへ持って行くだけでOKです。

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第5回クロアチア編」
(C)Mami Kosakai

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。