体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バリで注目度ナンバーワン!ポテトヘッドビーチクラブに潜入!

バリで注目度ナンバーワン!ポテトヘッドビーチクラブに潜入!
Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

こんにちは!Compathy Magazineライターのアオノトモカです。

バリ島のスミニャックには、センスの良いショップやレストランが続々とオープンし、オシャレなエリアとして注目を集めています。日本人観光客がバリ島旅行の定番の行き先とするクタエリアよりも落ち着いていますが、スミニャックエリアにもビーチ、カフェ、バーがたくさんあって、バリ島を満喫するための施設が整っています。

そんなスミニャックで、今最も注目を集めているポテトヘッドビーチクラブで1日を過ごし、その魅力に迫りました!

アートな建築

ポテトヘッドビーチクラブはバリ島スミニャックエリアに位置し、インド洋に面した大型ビーチクラブです。まず、ポテトヘッドビーチクラブが他と異なるのは、そのインパクトある外観。色とりどりの小さな窓がたくさん集まったような構造の建物で、まるで近代美術館のようです。その外観からは、中に何があるのか全く想像がつきません。
Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

小さな入り口から建物の中に入り、細い通路を抜けると、目の前に広大な芝生とヤシの木、そして海が広がっています! 外観とのギャップにびっくりです。敷地内には3つのレストランと2つのバーが存在し、地元からはもちろん海外からもDJを呼び寄せて、ビーチパーティーやイベントが頻繁に開かれています。

インパクト抜群の料理

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

レストランではインドネシア料理はもちろん、インターナショナルな料理も充実しています。味はもちろん、見た目にもこだわった料理の数々は、ポテトヘッドビーチクラブの建物同様、アート作品のようです。

料理の他、カクテルも充実しています。バリ島のアグン火山をイメージし、アラック(バリ島で飲まれているココナッツの蒸留酒)をベースとしたオリジナルカクテルは、見た目も味もかなりパンチが効いていて、オーダーしたら盛り上がること間違いないしです!

インフィニティープール&プールバー

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」
そしてポテトヘッドビーチクラブ最大の魅力は、このインフィニティープールです! 目の前に広がる広大なインド洋を眺めながらプールでゆっくり過ごす贅沢な時間は、ここでしか味わえません。特に浅瀬になっているところでは、座ったり寝そべったりもできるので、一人で本を読んだり、友達や恋人とおしゃべりをしながら、リラックスタイムを過ごすことができます。
Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。