体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モータースポーツの入り口から見えた景色とは【CERC ~編集デスクのロードスター日記~ #09】

▲昨年12月、筆者と大脇の2人で埼玉の『コクボ自動車販売』にロードスターを物色しにいった際のカット。本体価格は67.8万円、総額75万円のNR-Aは、当時最安値だった

▲昨年12月、筆者と大脇の2人で埼玉の『コクボ自動車販売』にロードスターを物色しにいった際のカット。本体価格は67.8万円、総額75万円のNR-Aは、当時最安値だった

サーキット歴3ヵ月! 超フレッシュな体験談

昨年末に総額75万円の“修あり”ロードスターを購入してから約半年が経過した。以降の顛末は、「ど素人がゼロから始めるモータースポーツ参戦記」として、カーセンサー本誌とカーセンサーnetで連載しているので、ご存じの読者も多いだろう。(ご存じない方は、ぜひ記事末の関連リンクよりバックナンバーをご覧いただきたい)

車購入から現在までの半年の間に、何度かサーキットで練習し、JAF公式戦ではないものの結構マジな耐久レースも経験した。右も左もわからないど素人ながら、「運転が上手くなりたい」という一心で飛び込んだモータースポーツの世界。その入り口に一歩足を踏み入れた今現在の率直かつフレッシュな感想は、“自分もやってみたい”と心のどこかで思っている読者の一里塚になるかもしれない。ということで、筆者を含めいずれ劣らぬど素人の揃う我がCERC(カーセンサー・エディターズ・レーシング・クラブ)のメンバーによる座談会(という名の飲み会)を行い、この半年を振り返ってみた。

<座談会メンバー>

中野 剛(筆者):この企画を思いついた当事者。カーセンサー統括デスク。10年前にモータースポーツへチャレンジするも、あっけなく挫折した経験がある

大脇一成:カーセンサー本誌デスク。若かりし頃、埼玉の峠を夜な夜な攻めていたと吹聴しているがモータースポーツ経験はほとんどない

安島俊樹:カーセンサーEDGE編集部員。メンバー最年少の29歳。「運転が上手くないのはカッコ悪い」と気づき、カッコいい大人になるべくCERC参加を自ら志願

▲ロードスター購入から2週間後の今年1月、群馬にある『大山オート自動車部』でコンディションチェック。良品のお墨付きをもらい、早速サーキット走行に必要なロールバーなどの安全部品を取り付けることに

▲ロードスター購入から2週間後の今年1月、群馬にある『大山オート自動車部』でコンディションチェック。良品のお墨付きをもらい、早速サーキット走行に必要なロールバーなどの安全部品を取り付けることに

▲今年3月、千葉にある『袖ケ浦フォレスト・レースウェイ』のサーキットライセンスを取得した際のカット。手前が大脇、奥が安島

▲今年3月、千葉にある『袖ケ浦フォレスト・レースウェイ』のサーキットライセンスを取得した際のカット。手前が大脇、奥が安島

あらためて思う中古車の実力

筆者:まずは、俺たちのNA-R(2代目ロードスター)について。あの車、H15年式の11年落ち、走行7万km、修ありで総額75万円なんだけど、どう?

大脇:今現在って、お金どれくらいかかってましたっけ?

筆者:ちょっと前に車検通して、ざっと120万円くらいだね。

安島:コスパが半端ないんじゃないかと思います。モータースポーツって、お金持ちの遊びっていうくらいだから、結構敷居が高いイメージでしたけど。

大脇:自分が普段乗っているホンダ フィット(初代)の方が、まだお金かかってますから。

筆者:あのNR-Aは、購入当時、本当に最安値物件だったからね。

大脇:修復歴がありましたからね。

筆者:でも、今回の車検であらためて主治医(大山オート自動車部)に診てもらったけど、油脂類以外は全く問題ないって。

大脇:あの車を買うとき、僕も一緒に行って試乗したじゃないですか。そのときの印象と、がらっと変わりましたよね。

筆者:確かに変わった。最初はもっとモッサリしてた。でも、ちゃんとエンジンを高回転まで回してあげたら、シャッキリしたもんね。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。