ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有田焼26窯元から豆皿が集結!「きんしゃい有田豆皿紀行」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

kinsyai-arita_Bunkamura-Gallery_001

2016年6月18日(土)~28日(火)まで、東京・渋谷のBunkamura Galleryで「きんしゃい有田豆皿紀行」が開催されています。

直径6~10cmほどの手のひらサイズの豆皿は、見た目のかわいらしさと使い勝手の良さで、近年ファンを増やしています。高価で敷居が高そうな伝統的な焼物でも、豆皿ならお手頃な価格で手に入れることができるのも魅力です。

1616年に日本で初めて焼かれた磁器である有田焼は、今年創業400年を迎えました。有田焼には古伊万里様式、柿右衛門様式、鍋島様式と3つの伝統様式がありますが、今日ではその伝統様式を守り続ける窯元、伝統様式を発展させた窯元、新たな技法や表現を生み出す窯元など多岐に渡り展開されています。

本展では「大きな産地を小さな皿を通して見る」をテーマに、有田焼の産地に存在する約150の窯元の中から26窯元を厳選し、各窯元の特色やこだわりが詰まった豆皿が展示・販売されます。

期間中は、有田の職人による実演を開催。26窯元の逸品を一挙にご覧いただけるチャンスです。有田焼の今を体感しに、足をお運びください。 きんしゃい有田豆皿紀行

会期:2016年6月18日(土)~28日(火) 10:00~19:30

会場:Bunkamura Gallery/東京都渋谷区道玄坂 2-24-1

問い合わせ:Bunkamura Gallery/03-3477-9174

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

入場パス配布中! 毎回行列のマルニ木工アウトレットセール、再び
ミロコマチコの世界がモダンインテリアに溶け込む「けはいのねっこ」、アルフレックス大阪で開催
北の住まい設計社の夏の暮らしを提案する2週間! メインイベント「夏至祭」は25日(土)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。