ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初の「観覧車」がヘルシンキに登場。その正体とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像がつくでしょうか?

なんと……、

一つひとつのゴンドラが、

「サウナ」になってるんです!

さすがは1,500年以上の歴史を持つといわれている、サウナ発祥の地!「スカイサウナ」と名付けられた観覧車式サウナは、20人以上の利用で貸切りが可能。ひとつのゴンドラの定員は4、5人だとか。

さらに地上には、最大10人程度が同時に入れる豪華なジャグジーが設置されている模様。一周5〜7分のサウナに入り、地上に着くとすぐジャグジーへ。そんなアツいコンビネーションが満喫できるのです。それにしても、フィンランド人のサウナ愛がすごすぎ!

価格はひとつのゴンドラにつき、1時間240ユーロ(約28,000円)。正直、かなり高額な印象です。ただし、夜景を見ながらのサウナ体験は、間違いなくここヘルシンキでしか味わえいユニークなもの。もし訪れる機会があったら乗ってみたい!?

Licensed material used with permission by SkyWheel Helsinki

関連記事リンク(外部サイト)

高さ日本一の「大観覧車」はシースルー構造!大阪に新たな夜景スポットが登場
サウナ好きは健康!?科学で証明された「効果」とは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP