ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつでも熱々のゴハンと冷えたビールが楽しめる!「スマートテーブル」がすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催されます。

その中のひとつ、「ミラノデザインウィーク」で展示されたテーブルは、ダイニングとキッチンと冷蔵庫の概念を合体させた、いわば「スマートテーブル」。

ダイニングテーブルであり
キッチンでもある

イタリア生まれというだけあって、デザインはとてもスタイリッシュ。「スマートスラブ」と名付けられたこのテーブルがあれば、食生活もスマートになること間違いなし?

この未来感覚。操作はタッチパネルで、キッチンを使わずにテーブルで調理して、そのまま食事をすることができます。イタリア人シェフ、マッシモ・ポットゥーラもこの加熱機能を使い、その温度調節性能を絶賛。

ぬるくなった
ビールを冷やすことも!

また、食事中に料理が冷めてしまったとき、わざわざキッチンまで行かなくても大丈夫。ダイニングテーブルについたまま、料理を温めなおしたり、ぬるくなってしまったビールを冷やすこともできるんです。

ステーキの鉄板や、氷を内蔵したビールジョッキ、ダイニングテーブルの上で食事を保温するアイテムは今までもありましたが、ここまで万能なものはなかったですよね?

更なる可能性を秘めた素材
「SapienStone」

「スマートスラブ」は、その非常に薄いテーブルの内部に、加熱・冷却ユニットを内蔵しています。

また、一番上の層は「SapienStone」と呼ばれる特殊セラミックで作られており、火災、霜、熱、衝撃、傷などへの耐性が非常に高く、あらゆる環境での使用が可能だといいます。新しい建築や家具の可能性としても期待されているんです。

いつでもビールが冷えているならば、ゆっくり家族との食事を楽しみながらパパも大満足、そんな時間が過ごせるのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by KRAM/WEISSHAAR
Photo: Jürgen Schwope and the Designers: Clemens Weisshar & Reed Kram

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP