ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知ってて損なし!ロサンゼルスのお勧め観光スポット30選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Alice「カリフォルニアLA発★海岸線を走る《ドライブ初心者コース》」

こんにちは! Compathy MagazineのMari.kです。
ロサンゼルスと聞くとアメリカ本土の中でも海を思い浮かべます。イメージの通りの海・買い物・観光スポットもたくさんあり世界中から人々がロサンゼルスへ集まります。観光スポットは友達・家族・カップル、誰とでも楽しめる観光場所が多いので、みんなでロサンゼルスを楽しめます。日本からロサンゼルスまでは最短約11時間で行くことができます。

ロサンゼルスについて少し知っておこう!

ロサンゼルスはアメリカ合衆国の太平洋岸にあるカリフォルニア州南部にロサンゼルスは位置します。スペインの征服時代の名残を感じる「ロサンゼルスの名称」はスペイン語で「los Angeles」(男性名詞の複数形)です。名前の通りスペイン語の名称の場所が多く、さらに移民が多い州でもあるため在住者は様々な国の人が住んでいます。ロサンゼルスは、第二次世界対戦後にアジア人労働者の受け入れもしていた州だったこともあり「リトルトーキョー」という日本人街もあります。日本に比べ遥かに大きいアメリカの中でも気候も暖かく文化や人々の人種が混ざり合って成り立つ州としても魅力的ですが、さらに移住した人々の歴史や文化が多くのロサンゼルスに残る場所です。

面積:1.302㎢
人口:388.4万人
空港:ロサンゼルス国際空港(Los Angeles International Airport)
IATAコード:LAX
交通機関:飛行機・タクシー・バス・電車

 

ロサンゼルスの魅力

ロザンゼルスは全く知らない人にでも、目が合えば挨拶をする心ある人が多い地域です。そして道は広くて、電信柱や電線はなるべく道に出さない努力をしています。テーマパーク・ビーチ・ミュージアムなど、自然とエンターテインメントを楽しめる場所です。

<観光スポット>

1. ディズニーランド・パーク

Photo credit: Kyohey「アナハイムディズニーを遊び尽くす <ディズニーランド編>」

1955年に、ここカリフォルニアに最初にできたテーマパークがディズニーランドです。一度は行ってみたいテーマパークの一つ「ディズニーランド・パーク」はパークから徒歩3分園内には直営ホテルもあるので2、3日かけてディズニーパークを楽しむこともできます。またディズニープリンセスのショーを見れるのはカリフォルニア「ディズニーランド・パーク」だけです。ショーの後にはプリンセスとのグリーティングもできます。

ディズニーランド・パーク(Disneyland Park)
住所:1313 Harbor Blvd Anaheim
電話:714 781 4565
営業時間:9:00am-11:00pm
※季節や日により変動あり
定休日:無休
公式ホームページ:https://disneyland.disney.go.com/

2. ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク

Photo credit: AQSA「ロサンゼルス&ラスベガス&グランドサークル&カリフォルニアディズニーアドベンチャー」

日本に無いアトラクションがいっぱい! ディズニーランド・パークの正面に位置する「アドベンチャー・パーク」はディズニーのキャラクターよりも自らがアドベンチャー(冒険)をする体験型です。
アトラクションはカリフォルニアの上空を飛べるものもあります。ナイトスペクタルショーは世界最大のウォータースクリーンに音楽に合わせ水、霧、火、レーザー光を使い音と合わせて「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク」で見ることができなショーです。友達同士、カップル、家族全員まで朝から夜まで楽しめるパークです。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク(Disny Carifornia Adventure Park)
住所:1313 Harbor Blvd Anaheim
電話: 714 781 4565
営業時間:8:00am-9:00pm ※季節や日により変動あり
定休日:無休
公式ホームページ:
https://disneyland.disney.go.com/destinations/disney-california-adventure/

3. ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド

Photo credit: 安田 咲「1泊2日☆LA満喫」

本場ハリウッド映画が飛び出す! 映画好きは必ず抑えておきたいテーマパーク! 大人気トランスフォーマーアトラクション・ジュラシックパークアトラクション・シンプソンズアトラクション・ショッピング・映画まで揃った街はエンターテインメントで賑わっている・VIPツアー(ランチ付き)の体験は専用トロリーに乗って順番待ち無しで乗り物に乗れたりパークの説明もしてくれる特典満載なツアーだそうです。

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド(Universal Studios Hollywood)
住所:100Universal City Plaza Los Angeles
電話:800 864 8377
営業時間:
月−木 10:00am-6:00pm
金 9:00am-6:00pm
土・日 8:00am-6:00pm
定休日:無休
公式ホームページ:http://www.universalstudioshollywood.com

4. サンタモニカピア

Photo credit: Arisa Ikeda「ロサンゼルス!アメリカを感じるぞ!」

海が一望ジェットコースター!? 開放感満載の乗り物とビーチや夏を感じれます。遊びと癒しで一石二鳥のサンタモニカピア。ルート66の最終地点でもあるサンタモニカピアは旅を終えた人々も集まる場所です。遊園地とビーチが隣り合わせにあり午前中遊園地で遊んだあとは海で泳いだり日焼けや読書などゆっくり過ごしサンセットまで見れる一日楽しめる一石二鳥観光スポットです。

サンタモニカピア(Santa Monica Pier)
住所:200 Santa Monica Pier, Santa Monica Oier Restoration
電話:310 458 8900
営業時間:年中無休
定休日:なし
公式ホームページ:http://santamonicapier.org

5. サンタモニカビーチ

Photo credit: KANA「【暮らすようなLA旅】海沿いをサイクリング!レドンドビーチ~サンタモニカ」

20世紀初頭のリゾート都市になっていたサンタモニカピア・ビーチは、過ごしやすい気候のためリゾート以外にもビジネスとしても飛躍的に成長を遂げた場所です。サンタモニカピアで遊んでからのサンタモニカピアのビーチでのんびり日焼けやお酒を飲んでゆったり子供を連れて浜辺遊びもできます。空港はロサンゼルス空港からの利用が一般的ですがサンタモニカ空港も近くにあります。

サンタモニカビーチ(Santa Monice Beach)
住所:Santa Monice Beach Santa Monica
電話:無し
営業時間:年中無休
定休日:無し
公式ホームページ:http://www.santamonica.com/things-to-do/santa-monica-beach/

6. ベニスビーチ

Photo credit: Steven W. Belcher [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

サンタモニカとロサンゼルス空港の間に位置するベニスビーチは、ビーチ沿いに並ぶアーティスティックなお店とストリートパフォーマーの聖地と呼ばれる道は歩行者専用道路になっていて様々なパフォーマーやアーティストが集結しており、壁に描かれたグラフィックや浜辺に並ぶヤシの木など、ロサンゼルス周辺でも代表的な観光スポットです。
賑やかなベニスビーチで買い物のあとは、ベニスビーチでサンセットを見ることができます。

ベニスビーチ(Venice Beach)
住所:Los Angeles CA 90291
電話:310 399 2775
営業時間:無料
定休日:無し
公式ホームページ:http://venicebeach.com

7. ハリウッドハイランド

Photo credit: fujitariuji via flickr cc

総工費6億円?! これぞハリウッド! 複合エンターテインメント施設朝から夜まで楽しめます。「一日で見きれるはずが無い」「夜まで遊んでいたい」と思っているあなた! 思う存分楽しんでください! バビロンコートの周りには、レストラン・免税店・宿泊施設・ナイトクラブ全部整っているから時間を気にしないで遊ぶことができます。とにかく楽しみにたい人や夜まで遊んでいたい人は、こちら「ハリウッドハイランド」へ行ってみましょう。

ハリウッドハイランド(Hollywood &Hightand)
住所:6801 Hallywood Boulevard ,Los Angles CA 90028
電話:1 323 467 6412
電営業時間:10:00am-10:00pm
定休日:無し
公式ホームページ:http://hollywoodandhighland.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP