ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

7月スタート! あさのあつこの名作小説「バッテリー」がノイタミナでアニメ化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ピッチャー・原田巧(右/声:内山昂輝)とキャッチャー・永倉豪(左/声:畠中祐) (C)2016あさのあつこ・角川文庫刊/アニメ「バッテリー」製作委員会

毎シーズン、ハイクオリティな作品を世に送り出しているフジテレビのアニメ枠「ノイタミナ」にて、名作青春小説「バッテリー」がアニメ化され、7月より放送される。 「バッテリー」は、小説家・あさのあつこが1996年に刊行をスタート。2007年までに6作の本編と続編となる「ラストイニング」が出版されており、累計発行部数は1000万部を突破している。

中学野球の世界を舞台に、ピッチャー・原田巧とキャッチャー・永倉豪、そして彼らを取り巻く人々を絶妙な筆致で描いた同作は、児童文学の世界で高い評価を受けてきたが、2005年にコミック化、2007年には映画化、さらに2008年にはドラマ化されたことで、その人気は一般層にまで拡大している。

そんな超話題作のアニメ化とあって、スタッフ陣も中々豪華。監督・脚本には、氷室冴子原作のジブリアニメ「海がきこえる」を手掛けた望月智充、キャラクター原案は「放浪息子」などの作品で知られる人気漫画家・志村貴子を起用したほか、アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督はアニメ『ハイキュー!!』で作画監督を務めた草間英興が担当。アニメーション制作は、気鋭のスタジオ・ゼロジーが手掛けるとのこと。コミック版や実写版はもちろん、原作にない魅力も持った作品となりそうだ。

放送は7月14日(木)よりフジテレビほか各局にてスタート予定。また、Amazonプライムビデオでも日本・海外独占配信されるとのことだ。放送前から大変な盛り上がりを見せるアニメ版「バッテリー」。2016年の夏は中学生時代の思い出を反芻しつつ、同作を楽しんでみては。

アニメ「バッテリー」ティザーPV

アニメ「バッテリー」ティザーPV 2

アニメ「バッテリー」タイトルロゴ (C)2016あさのあつこ・角川文庫刊/アニメ「バッテリー」製作委員会

▼リンク
「バッテリー」公式サイト

http://battery-anime.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP