ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニコール・キッドマン、コリン・ファレル主演の映画『Killing of a Sacred Deer(原題)』に出演交渉中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニコール・キッドマンは、コリン・ファレルが出演するサイコスリラー映画『Killing of a Sacred Deer(原題)』に出演交渉中だ。映画『ロブスター 』のヨルゴス・ランティモスが監督する。

本紙ヴァラエティは、先月のカンヌ国際映画祭の開催中に、ファレルがギリシャ人監督のランティモスと次作で再びチームを組むことを最初に報じた。

『Killing of a Sacred Deer(原題)』は8月に撮影開始する予定で、ランティモスは脚本家のエフティミス・フィリップ、製作を担うエレメント・ピクチャーズとフィルム4と再びチームを組む。カンヌ国際映画祭ではハンウェイ・フィルムズが海外のバイヤーと販売交渉をしていた。

邪悪なティーンエイジャーを家族に迎え入れたことにより、悲劇が引き起こされる天才外科医の役をファレルが演じる。キッドマンはファレルの妻役となる。

A24 が米国内の配給を担う。エレメント・ピクチャーズのエド・ギニーとアンドリュー・ロウがプロデューサーを務める。

『ロブスター』は2015年のカンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、限定公開の1カ月間で500万ドルの興行収入を上げた。

キッドマンは、先週末に公開されたロードサイド・アトラクションの映画『Genius(原題)』でコリン・ファースと共演した。また、間もなく公開される映画『Lion(原題)』でルーニー・マーラとデヴ・パテルと共演する。『Lion(原題)』はTWXが11月に米劇場公開する。

キッドマンは、CAA、メディア・タレント・グループ、シャナハン・マネジメントと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP