ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

今宵の満月は「ストロベリームーン」に!?好きな人と結ばれるチャンスかも・・・

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

国立天文台」によれば、本日6月20日(月)は満月。そして夏至が近いこの時期は月の高度が低いので、夕日の影響で月が赤く(琥珀)に見える現象が起きます。これが「ストロベリームーン」と呼ばれるもの

ウソかホントか、好きな人一緒に見ると結ばれる、なんていう言い伝えもあるそうですよ!なんだか素敵ですね〜。

夏至と満月の
「ストロベリームーン」
の組み合わせは49年ぶり

今宵の満月は「ストロベリームーン」に!?好きな人と結ばれるチャンスかも・・・

日本時間の夏至は明日の6月21日(火)ですが、アメリカ時間では「夏至」と「満月のストロベリームーン」が49年ぶりに重なるとあって、多くのメディアに取り上げられています。

Farmer’s Almanac」によれば、この現象が起きるのは1967年6月22日以来。次に見られるのは、46年後の2062年6月21日だとか。

名前の由来は
「イチゴ狩りの季節だから」

「イチゴのような赤い色」だからこの名前なのかと思いきや、どうやら様々な説があるみたいです。

The Telegraph」によると、アメリカ先住民のアルゴンキン族が、6月の満月を「イチゴ収穫時期のはじまり」と信じていたからだとか。他にはRose Moonや、Long Night Moon、Hot Moon、Honey Moonなどとも呼ばれています。

全国的に天気が崩れそうな今晩ですが、もしかしたら雲の切れ目から覗く「ストロベリームーン」を目の当たりにできるかも!?

Reference:Farmer’s Almanac,The Telegraph,国立天文台

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。