ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界が注目 51種類ゴミ分別をする徳島の町

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつてはプラスチックゴミを有害として不燃ゴミに分別することが多かったが、最近では燃やすゴミに分別する自治体が増えてきている。

 日本全体が何でも燃やす方向になっている動きのなかで、ゴミの量ゼロを目指して世界的にも注目されている町がある。徳島県の空港から車で1時間半。濃い霧がたなびく山々に囲まれる上勝町だ。約1700人の町民が一体となってリサイクルに取り組んでおり、日本一分別が行き届いた町でもある。

 エコバッグが認知されている一方、コンビニに行けばパン1つでもビニール袋に入れるのが当然。通販で商品を頼めば梱包材に丁寧に包まれた商品が段ボールに入って届く。雨の日にデパートで買い物すると雨除けのビニール袋をかぶせてくれるのも日本特有だ。

 そんななか、ゴミをゼロにすると宣言した上勝町は、いったいゴミとどう向き合っているのか。ゴミ格差が生んだ歪みや矛盾に対する答えがあるかもしれないと、本誌記者は現地へ赴いた。

 この町にゴミ収集車はない。あるのは町中央の『ゴミステーション』。町の人はそこにゴミを捨てに来る。

 缶、新聞、段ボールなどはもちろんのこと、ビンやトイレットペーパーの芯、食品用ラップの硬い芯など、細かく分別するその数はなんと分別表を見ると51種類にものぼる。生ゴミは自宅で堆肥として処理するため、ゴミ集積場にありがちな生臭さはない。古着で作った財布などを売る場所や、もう使わないおもちゃを提供する場所もある。

 今や世界は3Rのリデュース(Reduce―ごみを減らす)、リユース(Reuse―繰り返し使う)、リサイクル(Recycle―資源の再利用)に加えて、リフューズ(Refuse―不要なものは要らないと断る)が入った4Rの時代。

 おもてなしが好きで、NOと言えない国民性もあってか、日本は4Rから大きく立ち遅れているが、上勝町は違う。

 余計な包装もしないし、住民の中には「ゴミを出さないために」と布おむつや布ナプキンに切り替えたと話す人もいた。極力物を増やさず、ゴミを出さない。上勝町の生活は、今流行りの最小限のもので生きる“ミニマリスト”に通じるものがあるのかもしれない。

 各地から視察に訪れる人も多いが、51種類の分別は、長く東京に住み慣れた記者には到底まねできるとは思えない。

「ゴミが減るのはもちろん、資源の売り払い収入が約300万円あります」と語るのは同町企画環境課の山城真希子さん。今は対象の紙資源を持ってくると、トイレットペーパーや紙ひもを進呈するなど一部還元という形で町民に届いているそうだ。

 ゴミ分別に「慣れた」「環境のため」と話す住民が多かった。しかし一方で、こんな声も聞こえてきた。

「正直、細かすぎて面倒くさい。何せ年寄りですから、ビンのラベルを外したり牛乳パックを切ったりするのが大変で大変で…。あまりにも面倒な時は自宅の庭で燃やしています」(74才の男性)

 ゴミを出せる時間は7時半から14時。しかも場所が限られているため遠方なのに車が運転できなかったりするとゴミを捨てに行けない。

 67才の女性は近所に住む息子に頼むことが多いと話す。

「単身で頼れる人がいなくて寝たきりといったどうしても捨てに行けない人には2か月に1度収集車が来るものの、車を持っていたり息子が近くに住んでいたら、たとえ夫が体を壊して運転できなくても“捨てられる”とみなされて取りにきてくれないよ」

 分別しすぎることの弊害は高齢者にはあまりにも大きくのしかかっていた。これもまたこの国の歪みといえよう。

 ちなみに、自治体がゴミを集めに来てくれないのは問題ではないか、との声もあるが、これだけ分別されたゴミを回収するには膨大なコストがかかる。  

「分別してゴミを減らすという取り組みはいいことだと思います。ただ、上勝町と同じことを大都市でやるのは不可能ですが、ある程度は必要なので、10種類程度は必要だと思います。いずれにせよ、国が一定の指針を示すべきです」(杉本さん)

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
ゴミ屋敷住人は「セルフ・ネグレクト(自己放任)」と専門家
生ゴミ廃水の海洋投棄が認められていた韓国 竹島近海も投棄先
外国人に正しいゴミの捨て方を指導するにはどうすればよいか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP