ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福士蒼汰 「葛藤することが、今は楽しくて仕方がない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昭和43年12月10日、日本中を揺るがす出来事が発生した。20世紀最大の未解決事件「三億円事件」だ。

 6月25日夜9時からフジテレビ系で放送される2夜連続スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚』で福士蒼汰が演じるのは“三億円事件の犯人かもしれない”父親を持つ、鳴海大和役。自身も殺人事件の犯人だと誤解され日本中を逃げ回る役柄である。

「大和は大事件に巻き込まれていくにもかかわらず、常にクールで、論理的な人物。自分と少し似たところがあるので、そこを引っ張り出して演じました」

 高校生のときにスカウトされて芸能界に入り、『仮面ライダーフォーゼ』で一躍人気俳優となった福士蒼汰(23才)。

「それまで俳優を目指していたわけではなかったので、演技ってどうやるんだろう?というところからのスタートでした。だから、お仕事をいただけることは嬉しいことでしたが、苦しかったですね」(福士・以下同)

 そして、5年。今は苦しいからこその楽しさがあるという。

「どうやって役柄を自分の中に取りこみ、演技としてどう伝えたらいいのか葛藤することが、今は楽しくて仕方がないんです」

 自身がハッピーな気分の日でも、演じている人物が悲しい思いをしているのなら、その悲しさとシンクロしていく。落ち込んでいるときでも、満面の笑みで台詞を口にする。

「役としてその瞬間を生きる…。そのおもしろさがわかりかけてきたところだと思います」

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
久々ドラマに出演の田村正和 食欲不振説と具合が悪い説の真相
権威に弱い新聞は大誤報しても“俺たちも被害者”と開き直る
福士蒼汰 高校球児役も初心者のためキャッチボールから練習

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。