ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

末期癌の医師・僧侶が解説 「徳は教えられるか」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月であることを自覚している医師・僧侶の田中雅博氏による『週刊ポスト』での連載「いのちの苦しみが消える古典のことば」から、ソクラテスの「徳は教えられるか」という言葉の意味を紹介する。

 * * *
 老年のプロタゴラス(ギリシャの哲学者)に青年ソクラテスが質問します。

「貴方の指導を受けた人は、何について優れた人になれるのでしょうか?」

 お金を取って「徳」を教えているプロタゴラスはギリシャ神話を引用して答えます。

「人間を含めて動物が創られた時、神々の命令でエピメテウスは各動物にそれぞれ身を守る能力を分配した。しかし、人間には能力を与えることを忘れてしまった。それでプロメテウスが、工作の神と知恵の女神から、火と技術的な知恵を盗んで人間に与えた。

 しかし、これだけでは人類は戦い合って滅亡してしまうので、ゼウスはヘルメスを遣わして人類に『徳』を与えた。技術的な知恵に関しては、例えば医学の知恵は医師に、音楽の知恵は音楽家にというように、特定の専門家に与えられた。ところが、『徳』に関しては特定の専門家を造らず、すべての人間が分け持つようにした」

 そしてプロタゴラスは「徳は教えられる」と言います。技術的な知恵に関しては、例えば笛を吹く能力など、技術の高さは判断可能であり、専門家による指導ができます。しかし「徳」に関しては、皆で分け持ち、専門家がいないので、教えることは出来ないのではないかとソクラテスは言います。

 プロタゴラスは、子供が母国語を話せるようになるのと同じように、あらゆる人が教師となって子供は「徳」を身につけるようになる、だから徳を教える教師が一見いないように見えるのだと言います。

 さらに、ソクラテスは、「徳」は知恵であると主張します。しかし、「徳」が知恵であれば教えられることになり、「徳は教えられない」という自身の意見と矛盾してしまいます。一方で、プロタゴラスは「徳」は知恵でないと言い、「徳は教えられる」という自身の意見と矛盾をきたしてしまいました。

 こうして主張が反転してしまうような議論を経て、青年ソクラテスは、「徳は教えられるか」ということを自分の生涯の課題として考え続ける、という結論に至りました。

 ソクラテスは晩年、この「徳は教えられるか」という命題に関連して、子供に悪いことを教えていると告発されて死刑になります。裁判では「無知の知」という論理を展開して、教えられないことを知っていると言いましたが、結果的には命と引き換えに、ソクラテスは後世に対して見事に「徳」を教えたことになります。

 裁判で、自分は間違っていたと認めれば、死刑にはなりませんでした。しかし、彼は彼の言葉を彼自身の命よりも優先しました。ソクラテスにとって、彼の哲学は彼自身の命を超えた価値、すなわち宗教だったのです。

●たなか・まさひろ/1946年、栃木県益子町の西明寺に生まれる。東京慈恵医科大学卒業後、国立がんセンターで研究所室長・病院内科医として勤務。 1990年に西明寺境内に入院・緩和ケアも行なう普門院診療所を建設、内科医、僧侶として患者と向き合う。

※週刊ポスト2016年7月1日号

【関連記事】
「論理学」こそ教育において最も重要な学問と大前研一氏力説
尿かける! 元祖DV妻持ったソクラテスの命日は“悪妻の日”
末期癌医師・僧侶が解説 お釈迦様が説く「苦が生ずる原因」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。