体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランス・パリの大ターミナル「リヨン駅」を徹底解説 

フランス・パリの大ターミナル「リヨン駅」を徹底解説 
Photo credit:Hiroyuki Fukagawa「トランブルー、美術館も真っ青なパリ・リヨン駅のレストランで一人飯」

Photo credit:Hiroyuki Fukagawa「トランブルー、美術館も真っ青なパリ・リヨン駅のレストランで一人飯」

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はフランスのパリにあるリヨン駅を解説します。リヨン駅の歴史から駅の構造までたっぷりと情報をお伝えします。

リヨン駅の概要

「リヨン」という名前が付いていますが、リヨン駅は「リヨン」という街にあるわけではありません。同じフランスのパリにあります。「リヨン駅」と名付けられている理由は、リヨン方面に向かう列車が発着する駅だからです。このような方法は他のヨーロッパのターミナルでも見られますね。また、国際便ではイタリアやスイス方面の列車が発着し、RER(A線とD線)とメトロ1号線と14号線も乗り入れています。リヨン駅はフランスのみならず、ヨーロッパでも歴史のあるターミナルとして有名なのです。
Photo credit:tabitabi parsley「france2011.1 -パリ編ver1-」

Photo credit:tabitabi parsley「france2011.1 -パリ編ver1-」

リヨン駅の歴史

リヨン駅は1847年に建設が開始されました。リヨン駅が竣工されたのは1849年のこと。当時の駅はバスティーユ広場の近くにあり、当時の路線は「リヨン通り」となっています。1900年に万国博覧会に合わせて3代目の駅舎が完成。現在も使われている青いホームはこの時に建設されました。1960年代に地下ホームが完成し、1980年代にはTGVホームが完成。フランスの鉄道の発展を常に見続けてきたのがリヨン駅なのです。

リヨン駅はどのような構造?

リヨン駅は大きく3つのフロアに分けることができます。ホール1は正面から入ってすぐの場所にあります。ホール1から左奥の方向に進むとホール2に着きます。そして、0階にあるのがホール3です。それぞれのホールへの移動は3~5分はかかりますので、移動の際には十分ご注意ください。電光掲示板では列車が発車する番線だけでなく、どのホールから発車するのかもチェックしておきましょう。

リヨン駅にはどのような列車が乗り入れているのか

リヨン駅はパリのターミナルということもあり、様々な列車が乗り入れています。まず、フランスが誇る高速列車(TGV)をご紹介しましょう。リヨン駅から発車するTGVは国内線と国際線に分けることができます。国内線は主に南東方面(リヨン・アヴィニョン・ニースなど)へ向かいます。一方、国際線はスイス(ジュネーブ・ベルンなど)とイタリア(ミラノなど)へ。その他にはブルゴーニュ方面へ向かうTERなどがあります。

他の交通機関への乗り継ぎ

リヨン駅へはメトロ1号線と14号線が乗り入れています。1号線はシャトレ駅やシャルル・ド・ゴール=エトワール駅を、14号線はマドレーヌ駅やサン・ラザール駅を通ります。なお、リヨン駅からパリの玄関口であるシャルル・ドゴール空港へはエールフランスの空港バスを使いましょう。シャルル・ドゴール空港からの場合はモンパルナス行きのバスに乗ります。所要時間は約1時間ですが、夕方は交通渋滞に巻き込まれる可能性がありますので、時間には余裕を持ちましょう。

リヨン駅のサービス

次に気になるリヨン駅のサービスを見ていきましょう。

ル・トラン・ブルー

Photo credit:Hiroyuki Fukagawa「トランブルー、美術館も真っ青なパリ・リヨン駅のレストランで一人飯」
1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy