ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【単衣の着物レンタル】暑くなる季節や時期におすすめ!レンタルできる夏着物・単衣を色別で紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月になり、暑くなる季節に着ることが増える単衣(ひとえ)や袷(あわせ)の着物。これからの時期には単衣の着物や袷の着物、そして夏着物を楽しむ季節になりました。

 

単衣(ひとえ)の着物と袷(あわせ)の着物の違いとは?

単衣と袷の着物の違いは、反物(表地)を着物に仕立てるときに、裏地類をつけるものを袷の着物、つけないものを単衣の着物と呼びます。

単衣の着物は、春から夏にかけて暑くなってきた時期や秋から冬にかけての少し肌寒くなってきた季節など6月や9月の季節の変わり目の時期に着ることが多く、袷の着物は10月〜5月までの暑くない時期に着ます。

 

今回は、そんな単衣の着物を中心に、単衣の着物と帯のコーディネートを色別でご紹介させて頂きます。ご紹介をさせて頂く単衣の着物は全て着物レンタルモールhataoriにてレンタルすることができますので、気になる単衣の着物がございましたら気軽にお問い合わせください。

 

 

ピンク地蝶の柄|ピンクの単衣の着物レンタル

淡いピンク地に裾ぼかしが入って濃い目のピンク色へと変化する単衣のお着物。前身頃と袖部分には無数の蝶々が舞い飛び、一羽一羽が美しい模様でデザインされています。

単衣着物と帯のコーデ

帯は白を基調に淡い配色で柔らかな曲線を描いた涼しげで上品な正絹の夏用帯をコーディネートされています。帯締め帯揚げの色を着物の地色に合わせ、全体を可憐な雰囲気に仕上げられています。初夏の季節や初秋の季節に楽しみたい女性的で素敵な単衣コーデです。

この単衣着物をレンタルする

 

ピンクのたたき地 鴛鴦に蝶|ピンクの単衣の着物レンタル

淡い可憐な色合いのピンクのたたき地に、鴛鴦(おしどり)や蝶々が可愛らしく総柄で入った正絹単衣のお着物です。鴛鴦と蝶が着物の地色に合わせてパステル調で色合いよく描かれ、白で描かれた流水模様も涼しげな印象を演出してくれます。

単衣着物と帯のコーデ

帯は白地に金彩のデザインが上品で素敵な夏用帯を合わせ、帯締め帯揚げはお着物の地色と合わせてピンク色で統一しているので、女性らしいコーディネートに仕上げられています。暑くなってくる季節に、華やかなピンクの単衣でお祝い事やパーティー、食事会や結婚式等におすすめの単衣着物コーデです。

この単衣着物をレンタルする

 

紗合わせ 木々に蜻蛉|ピンクの単衣の着物レンタル

薄ピンク色地にグレーの草花のシルエットが雰囲気の良い紗合わせの正絹着物です。紗合わせのモアレの風合いが爽やかで質感のある素敵な一枚となっています。草花のシルエットの周りをトンボが舞っているので、秋口の季節に最適な柄のお着物です。

単衣着物と帯のコーデ

帯は白地に菱紋が上品な夏用の正絹帯を合わせ、帯締めや帯揚げには濃いピンクオレンジのものを使うことでしっかりと締め感を出しました。紗の透け感と光沢のある上品な正絹帯との相性を、初夏や秋の季節におすすめな単衣のお着物です。

この単衣着物をレンタルする

 

次ページ>レンタルできる水色の単衣の着物コーデをご紹介

※この記事は全5ページになります。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
趣通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP