ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タコさんウィンナーの進化形「タコさんドッグ」がかわいらしい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウィンナーといえば、タコさんウィンナーがお弁当の大定番ですが、このところ1分動画Tastemade Tokyoが紹介したタコさんウインナーの進化系「タコさんドッグ」があまりに可愛くて、お子さんから「つくって!」とせがまれるママ続出なのだそう。

【関連:ソーセー人に恐るべき刺客が!最強のウィンナーカット『ダイオウグソクムシ』爆誕!】

▼材料
・ウィンナー 16本
・ホットケーキミックス 100g
・牛乳 50g
・ケチャップ 40g
・揚げ油 適量

タコさんの顔をつくる飾りにマヨネーズ、スライスチーズ、のりがあればいいそうですが、筆者は超不器用なために今回は小さなハートの型抜きとスライスチーズを使用しました。

作り方は、まずウィンナーの片側半分に6本切り込みを入れていきますが、筆者のような不器用な人は4本でもOKです。

ボウルにホットケーキミックス、ケチャップ、牛乳を入れてなめらかになるまで混ぜ、ウィンナーの切り込みを入れてないほうに混ぜたものをたっぷりつけて、180度の油で揚げたら出来上がりです。ウィンナーの皮が弾けて油が飛び散ることがあるので、やけどには充分に注意が必要です。


飾りはパーツの形に切ったものをマヨネーズで接着していき表情をつくるそうですが、今回はハートに繰り抜いたものを貼りつけて、まるで◯◯レンジャーのピンクみたいな顔にしてみました。
のりで顔の表情をつくれるのりパンチを持っている人は、そうした道具類をつかって細かく表情をつけても楽しそう。持っている道具やアイデアで表情は変化させてみてくださいね。


タコさんドッグはほんのり甘くて懐かしい味がしました。見た目も可愛くて、子供ならず大人も楽しくなっちゃいそうです。遠い昔にお弁当に入っていたタコさんウィンナーも進化するものなんだなあ、としみじみ感じながらちょっぴり切ない気持ちで食べました。
昔はタコさんウィンナーをお弁当に入れてもらってたママたちは、今度はタコさんドッグを自分のお子さんのお弁当に入れて喜ばせてあげてくださいね。
そして、大人たちはマスタードやブラックペッパーを入れたマヨネーズでいただいて、きゅーっとビールで食べちゃってくださいね!

(文:大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

【実験】トリュフ卵真似ていろんな「香り卵」つくってみた
1分動画で話題の「どこを切ってもハンバーガー」つくってみたよ!
新たな「ちょい足し」を求めて……カップ麺+ニューコンミート試してみた

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP