ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年Q1の国内タブレット出荷台数は前年同期比6.2%減少(IDC Japan調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IDC Japan は 6 月 16 日、国内における 2016 年 Q1(1 ~ 3 月)のタブレット出荷台数に関する調査結果を発表しました。同社によると、Q1 の出荷台数はトータル 216 万台で、前年の同期からは 6.2% 減少しました。個人 / 法人のセグメント別には、個人向けが 9.4% 増えた一方で、法人向けは 31.1% 減りました。メーカー別では、Apple が 40.8% の高いシェアでトップをキープしていますが、前年同期からは 10.1% も減らしています。一方、Huawei は 18.2% のシェアで 2 に浮上し、その後は NEC Lenovo 連合(9.4%)、富士通(4.8%)、Micorsoft(4.1%)と続きます。昨年までトップ 5 にランクインしていた ASUS や Sony はランク外となっています。IDC の調査では、2in1 スタイルのタブレット(デタッチャブルタブレット)もカバーしており、この手のタブレットは前年同期比 94.1% 増の 45 万台でした。デタッチャブルタブレットには iPad Pro も含まれており、iPad Pro の発売が全体の増加に大きく影響したと言われています。Source : IDC Japan

■関連記事
HTC 10 Camellia Redが台湾で発売開始
SonyのAndroid版「News Suite」がタブレットに対応
コンサドーレ札幌、今季ユニフォームをモチーフにした手帳型スマートフォンケースを発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP