ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【愛媛県】しまなみ海道・佐田岬・石鎚山など一度は訪れたい絶景スポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【一度は訪れてみたい愛媛県の絶景スポット】

今回は、日本の絶景・秘境を都道府県別に厳選してご紹介いたします。

≪スポット(例)≫

しまなみ海道・佐田岬・来島海峡・白糸の滝・青島など…

この機会に、日本が世界に誇る素晴らしき絶景を訪れてみてはいかがでしょうか?

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

瀬戸内しまなみ海道

日本のエーゲ海とも称えられる美しい瀬戸内海の島をつなぐ道。

愛媛と広島を結ぶしまなみ海道。ドライブも楽しいけど、風を全身で感じるサイクリングやウォーキングも人気のエリア。朝日、夕日、ライトアップと、どの時間帯でも心に残る絶景が見られるのが嬉しい♪

\口コミ ピックアップ/

愛媛県今治市出身です。今治市からスタートする大島・伯方島・大三島・生口島・向島経由で尾道の街道は、とても素敵な風景と、夕やみの光景が素晴らしいです。しいて言えば尾道の千光寺からの夜景をお勧め致します。本当に快適なドライブでした。 瀬戸内しまなみ海道

住所/愛媛県今治市

TEL/0898-36-1541

「瀬戸内しまなみ海道」の詳細はこちら

佐田岬

四国の最西端に位置し、天候に恵まれると九州がハッキリと見える。

瀬戸内海と宇和海を隔てる日本一細長い半島として有名な佐田岬。半島の頂上線を貫く佐田岬メロディーラインはオススメのドライブコース。道の両側に広がる海は空と一体となり、青の絶景が広がる!

\口コミ ピックアップ/

三崎までの国道は快適でしたが、そこから先の県道は道幅も少し狭くアップダウンもあり、運転するもが少し大変でした。

駐車場がありますが、そこから1.8km・20分前後、灯台までアップダウンのある山道を歩いていきます。これも結構大変でしたがその分、途中にある展望台からの眺めを含め、四国最西端に来たなぁ、と実感させてくれます。 佐田岬

住所/愛媛県西宇和郡伊方町

「佐田岬」の詳細はこちら

青島

100匹以上の猫が暮らしている、小説「坊ちゃん」にも登場する島。

猫好きにはたまらない夢の楽園。100匹以上の猫と触れ合え、絶景というよりも「ほっこり癒される」光景に出会えるスポット。船の到着を猫たちがお出迎えしてくれるので、愛おしく思う気持ちが高まるはず!

\口コミ ピックアップ/

猫好きにはたまらいところです。

朝、フェリーが出るので早朝から並んで乗りました。定員が決まっていて連休や週末は乗れないことがあるので

早めに行って並んでください。

食べるところはないのでお弁当などを持参するのがいいと思います。

午後の船の時間まで結構ありますので、落ち着くところもないのでレジャーシートと水は必須です。

猫の餌付けは決まった場所でできますのでキャットフードを持参していきました。

7月以降だとちびちびがいっぱいいるのでその時期がおすすめです。 青島

住所/愛媛県大洲市長浜町青島

「青島」の詳細はこちら

白糸の滝

白い絹のように水が流れ落ちる優雅な滝。

落差が30mあり、3段滝になっている白糸の滝。駐車場からは徒歩での移動になるものの、滝までの道のりで思いっきり森林浴ができ、リフレッシュになるはず。冬は滝が凍ることもあるので、自然の神秘を感じてみて!

\口コミ ピックアップ/

車でしかいけませんが、降りてからまあまあ歩くので、ヒールはだめですよ。とにかくイオン満載という感じで、シャワーのように降り注ぎます。真冬に一度だけ行きましたが、完全に凍っていて、それはそれで静寂さを楽しめました。 白糸の滝

住所/愛媛県東温市上林

TEL/089-964-4414

「白糸の滝」の詳細はこちら

来島海峡

世界初の三連吊橋で、しまなみ海道最大の規模を誇る。

しまなみ海道で結ばれた来島海峡は、徒歩やサイクリング、車でも楽しめる絶景が続く日本有数のスポット。大潮時は直径10m以上になる渦潮や村上水軍の居城跡がある来島など、見どころいっぱい!

\口コミ ピックアップ/

日本三大急流、来島海峡に架かる来島海峡大橋です。

来島海峡は幅4km、その大橋は巨大な吊橋でした。

愛媛県人はこの橋を待ち望んで半世紀、本当におめでたい橋です。今日は雨で景色は良くなかったですが、清々しい旅になりました。 来島海峡

住所/愛媛県今治市

TEL/0898-36-1541

「来島海峡」の詳細はこちら

来島海峡の潮流

日本三大急潮の一つで、荒々しい潮流は最大落差2m。

来島海峡大橋の白さと、空と海の青が美しく映える来島海峡。しまなみ海道から望む潮流も良いけれど、よりダイナミックな潮流を撮影するなら船からがオススメ。自然の力を間近で体験してみよう!

\口コミ ピックアップ/

小さな船に乗って、本当に間近で潮流が見れます。思った以上に勢いがあり、かなりの迫力です。カメラを持っていったのですが、結構なしぶきを浴びながらも夢中でシャッターを切りました。激しい潮流や小さな島々の観覧は自然のすごさを感じれて、本当に良い景色、良い体験でした。おすすめ。 来島海峡の潮流

住所/愛媛県今治市

TEL/0898-36-1541

「来島海峡の潮流」の詳細はこちら

ふたみシーサイド公園

日本の夕陽百選に選ばれ、恋人の聖地としても認定された人気スポット。

美しい夕日が見られるスポットとして人気のふたみシーサイド公園。園内には恋人岬のほか、夕日の観覧席や願い石などがあり、カップルたちにも人気スポット。ロマンチックな雰囲気が似合う絶景はいかが?

\口コミ ピックアップ/

青い海と白い砂浜が気持ちいい公園です。

Tフェスやオレンジデーなどのイベントも充実しています。

恋人の聖地にもなっている場所で、ハート型のじゃこ天も売っていますよ~。

ぜひ、カップルで訪れてみて下さい。

昼間だけでなく、夕日もおすすめです♪ ふたみシーサイド公園

住所/愛媛県伊予市双海町高岸甲2326

TEL/089-986-0522

「ふたみシーサイド公園」の詳細はこちら

石鎚山

日本七霊山の一つで、主峰天狗岳は西日本最高峰を誇る。

日本百名山、日本百景の一つでもあるため、山頂からの眺めは格別。「もみじライン」と呼ばれる県道にも絶景スポットがあるので、ドライブコースにもオススメ。山が真っ赤に染まる紅葉の時期は必見!

\口コミ ピックアップ/

西日本最高峰の美しい山です。

登山ルートは色々あるようですが、土小屋ルートで登りました。(約3時間)

道は整備されていて初心者でも登りやすい山です。

途中に鎖場が数か所ありますが、迂回路もあるのでどちらか選択できます。

とくに秋の紅葉は素晴らしいのでおススメします。 石鎚山

住所/愛媛県西条市

TEL/0897-47-3575

「石鎚山」の詳細はこちら

面河渓

遊歩道から川底が見えるほど透明度が高い。

石鎚山の麓に広がり、国指定の名勝地としても知られる面河渓。遊歩道は、五色河原や紅葉高原など見所いっぱいの本流ルートと、閑静な川沿いを散策できる鉄砲ルートの二つ。特に紅葉の時期はオススメ!

\口コミ ピックアップ/

いろいろな季節でいろいろな風景を見せてくれるところだと思います。夏に行ったとき、水の透明度がすばらしかったのを覚えています。自然に囲まれていて、いろいろ散歩をして楽しむのも良いと思います。紅葉の時期もすてきでしょうね。 面河渓

住所/愛媛県上浮穴郡久万高原町若山

TEL/0892-21-1111

「面河渓」の詳細はこちら

須崎

水平だった地層が地球の活動により垂直に近くなったそう。

300mほどの遊歩道があり、4億年前の地層を間近でみることができる須崎海岸。リアス式会海岸でもあるため、自然の壮大さを感じることができるはず。よく観察して、サンゴの化石を見つけてみよう!

\口コミ ピックアップ/

広い海岸でのどかな雰囲気で、縦じまの地層をみることができました。かなり古い地層ということで、地形の変化や、自然の歴史の深さを感じました。景色もきれいでした。 須崎

住所/愛媛県西予市三瓶町須崎

TEL/0894-33-1111

「須崎」の詳細はこちら

北条鹿島

緑あふれる森には野生の鹿が生息しているほど自然豊か。

北条港から約400メートルの海上にある鹿島。山頂の展望台からは瀬戸内の島々と北条地区が一望でき、多くの文人が句を残したほどの景色が広がる。バーベキューや海水浴もできるので楽しみ方はいろいろ!

\口コミ ピックアップ/

まず鹿島の名前の通り、かわいい鹿たちが迎えてくれます。とても臆病なのですぐ逃げてしまうがそれがまた可愛い。展望台まで頑張って登ると瀬戸内海の島々が浮かぶ海をゆったり眺める事が出来ます。

島内には太田屋という食事処もあり、地元のおいしいお魚や貝の刺身、名物の鯛飯も食べる事が出来ます。海水浴場や釣りができる桟橋もあり、わずか数分の船で鹿島に渡るだけで充実した時間が過ごせます。 北条鹿島

住所/愛媛県松山市北条辻(鹿島)

TEL/089-948-6555

「北条鹿島」の詳細はこちら

※この記事は2016年5月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【岡山県】鷲羽山・蒜山高原・神庭の滝など一度は訪れたい絶景スポット
日帰りで行ける!癒しの海絶景に感動♡オーシャンビュー露天6選【関東】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP