ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【岡山県】鷲羽山・蒜山高原・神庭の滝など一度は訪れたい絶景スポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【一度は訪れてみたい岡山県の絶景スポット】

今回は、日本の絶景・秘境を都道府県別に厳選してご紹介いたします。

≪スポット(例)≫

鷲羽山・蒜山高原・神庭の滝・渋川海岸・羅生門など…

この機会に、日本が世界に誇る素晴らしき絶景を訪れてみてはいかがでしょうか?

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

鷲羽山

瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地。

海抜133mの山頂「鍾秀峰」からは、穏やかな海上に点在する大小50の島の美しさと雄大な瀬戸大橋の姿を楽しめる。特に夕景の美しさは格別で、「日本の夕陽百選」に選定されているほどなので、お見逃しなく!

\口コミ ピックアップ/

瀬戸大橋や瀬戸内海の島々が一望でき、爽やかな空気と素晴らしいです。若い頃に行った時はバスで行ったはよいが終バスに乗り遅れて大変でした、公共機関を利用する時の基本と反省しました。が、空と星だけでなく海と島々の灯りが見られる夜景は素晴らしいものでした。 鷲羽山

住所/岡山県倉敷市下津井田之浦

TEL/086-473-1115

「鷲羽山」の詳細はこちら

蒜山高原

ジャージー牛が放牧され、なだらかな高原が続く。

日本屈指のジャージー牛の産地として知られ、三木ヶ原や蒜山ジャージーランド周辺ではのどかな牧歌的風景が広がる。清々しい空気に包まれながら蒜山三座を眺める、リゾート気分を満喫しよう!

\口コミ ピックアップ/

休暇村蒜山高原のデッキからソフトクリームを食べながら見る蒜山三座は最高です!夏の我が家のドライブコース。岡山市内から高速で2時間弱で行けます。回りにはワイナリーやハーブガーデンなどゆっくり過ごすことが出来ます。 蒜山高原

住所/岡山県真庭市川上・八束

TEL/0867-66-3220

「蒜山高原」の詳細はこちら

神庭の滝

神庭川に懸り、中国地方随一のスケールを誇る名瀑。

「日本の滝百選」にも選ばれた、高さ110m・幅20mのスケールを誇る神庭の滝。断崖絶壁を流れ落ちるが滝が岩に当たり白く広がる様は神秘的で美しい。マイナスイオンをたっぷり浴びて、雄大な景色を楽しもう!

\口コミ ピックアップ/

宿泊した旅館の仲居さんに教えて頂いて、行ってきました。車を停めて10分程歩くだけで滝に到着!雨が上がったところだったので水量も多く、迫力があり感動しました。マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュできました。何時間でも居れそうなくらい落ち着く場所でした。 神庭の滝

住所/岡山県真庭市神庭640

TEL/0867-44-2607

「神庭の滝」の詳細はこちら

渋川海岸

約1km続く白砂青松の海岸線。

「日本の渚百選」「快水浴場百選」にも選ばれている海岸。夕暮れ時のシルエットは美しく、ロマンチックな雰囲気に浸れる。天気に恵まれると、瀬戸大橋や四国も望める絶景スポットに。

\口コミ ピックアップ/

広くて長い砂浜が続きます。

遠くに瀬戸大橋が見え、景観の良いビーチです。

シャワー設備や、トイレ、駐車場も整備されています。

松林の木陰に座って、のんびりと海を見るのもいいし、海に入って、瀬戸内海に浮かぶ島を見るのもいいと思います。 渋川海岸

住所/岡山県玉野市渋川2丁目地内

TEL/0863-33-5005

「渋川海岸」の詳細はこちら

羅生門

高さ40mに達する石灰岩の巨大なアーチ。

標高400mほどの草間台にある窪地にできた、石灰岩の巨大なアーチ。古い鍾乳洞が崩落し、一部分が天然橋となっている国指定史跡名勝天然記念物。夏にはホタルも見られるので、風情のある景色を満喫できそう。

\口コミ ピックアップ/

満奇洞から井倉洞へ行く道中、立ち寄ってみました。

鍾乳洞巡りの箸休め的な気持ちだったのですが、スケールの大きさに驚きました。

羅生門までの道も山中の散歩という感じで癒されます。

土地勘がなかったので、目的地までの道の細さに少し戸惑ってしまいました… 羅生門

住所/岡山県新見市草間

TEL/0867-72-6136

「羅生門」の詳細はこちら

御嶽山

瀬戸内海の大パノラマを堪能できる展望台。

標高は320mあり、瀬戸内海の島々と煌めく海面を望める、絵葉書のようなスポット。車で登ることができるアクセスの良さも魅力。県の百名山にも選ばれているので、ハイキングをしながら景色を満喫してみては?

\口コミ ピックアップ/

岡山県笠岡市にある山の中で、瀬戸内海を一望できるという事で、以前から気になっていたので、登ってきました。御嶽山は標高320mで笠岡では一番高い山のようですが、頂上付近までは車で登ることができました。でも道幅がとても狭く普通車がギリギリで登るのは大変苦労しましたが・・・。登りきると、とても素敵な景色が広がり絶景でした。穴場スポットとしてお勧めです。 御嶽山

住所/岡山県笠岡市西大島

TEL/0865-69-2147

「御嶽山」の詳細はこちら

王子が岳

ユニークな形をした花崗岩の奇岩の一つ「にこにこ岩」。

花崗岩の巨岩・奇岩がユニークな景観を見せる瀬戸内海国立公園内の景勝地。標高234.5mの山頂からは瀬戸大橋はもちろん、遠く四国山脈まで見渡せる眺めの良さも魅力の一つ。初日の出スポットとしても有名!

\口コミ ピックアップ/

岡山の中で1番好きなスポットです。

遠くから見たら笑っているように見える岩があるのですがそこの上から見る瀬戸内海・瀬戸大橋の景色は絶景です!

穏やかな海と大きな橋はしばし見ていても飽きないです。

何もないところですが贅沢な景色は楽しめると思います。 王子が岳

住所/岡山県玉野市渋川4丁目地内

TEL/0863-33-5005

「王子が岳」の詳細はこちら

那岐山

岡山県奈義町と鳥取県智頭町との境に位置する山。

標高1225mを誇り、頂上からは大山や鳥取砂丘、瀬戸内海までも望める。多数の動植物の繁殖地でもあるため、春はシャクナゲ、初夏はドウダンツツジ、秋は紅葉と日本の四季の美しさを感じられるスポット!

\口コミ ピックアップ/

登山道は整備されていたので想像していたよりも楽でした。山頂から見える大山を初め瀬戸内の 景色は非常に素晴らしく360度の大パノラマ展望は最高のものでした。また、マイナスイオンにもあふれ、リフレッシュすることもできました。 那岐山

住所/岡山県勝田郡奈義町

TEL/0868-36-7311

「那岐山」の詳細はこちら

牛窓の夕陽

赤く染まった瀬戸内の多島美が見られる牛窓のフェリー乗り場。

昔、菅原道真が歌に詠んだほど美しい夕日が望めるスポット。日本のエーゲ海とも例えらえ、「日本の夕陽百選」に選ばれているほど。フェリー乗り場以外にも、牛窓の天神社や前島の展望台からの眺めもオススメ!

\口コミ ピックアップ/

牛窓に行けばどこからでも美しい海が鑑賞できる。高いところに登れば、小さな島々が見えるし

海岸線からみれば開けた海が見える。ちなみに私はフェリー乗り場からみる夕日が一番好きなもののひとつです 牛窓の夕陽

住所/岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓

TEL/0869-34-9500

「牛窓の夕陽」の詳細はこちら

岩井滝

流れ落ちる水の後側が通れることから裏見の滝ともいう。

滝の上部に岩盤が突き出て岩屋を形成しているため、滝の裏側からも流れ落ちる清水を眺めることができる。滝の高さは約10m・幅6mと規模は小さいけれど、マイナスイオンはたっぷり感じられるはず。

\口コミ ピックアップ/

こんな滝見たのは初めでです、無料駐車場から上り坂を登るとそこには岩井の滝があります、滝の裏側に回って写真撮影も可能、こんな滝めったにあるものではないと思います、観光客も少なくゆっくりと何かパワースポットを得られるような気分になります、上り坂途中には100名水の名水岩井があるので飲んでみましょう。 岩井滝

住所/岡山県苫田郡鏡野町中津河

TEL/0868-44-2111

「岩井滝」の詳細はこちら

井倉峡

日本三大鍾乳洞の一つで岡山県指定天然記念物に指定されている。

高さ240mにもおよぶ石灰岩の絶壁があり、石灰岩の灰色と木々の色が見事なコントラストをつくる井倉峡。峡谷内には鍾乳洞があり、長い年月をかけて自然が作り上げた神秘的な美しさに目を奪われるはず。

\口コミ ピックアップ/

ゴールデンウィークに友達と行きました。渓谷沿いに観光街があって、ゆっくり歩きながら眺めました。五月の青空と新緑に栄える石灰岩の白い岩肌が私達に迫って来るように感じ、自然の美しさと大きさにただひたすら驚きました。吊り橋を渡ると断崖絶壁により近づく事ができます。

井倉峡の中には有料ですが全長1200mもある鍾乳洞があります。洞窟のなかはとても涼しく足場が塗れているので上着とヒールの無い靴が必要ですが、より井倉の自然を楽しめるのでおすすめです。 井倉峡

住所/岡山県新見市

TEL/0867-72-6136

「井倉峡」の詳細はこちら

※この記事は2016年5月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【富山県】雪の大谷・剱岳など一度は訪れたい絶景スポット
初夏の涼ドライブ!角島デートor秋芳洞女子旅おすすめ2コース♪
自然の中で遊ぼう★岡山県北の新緑レジャー体験3選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP