体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SCANDAL、アジアツアー完走&新作のアートワーク・カップリング情報を解禁

SCANDAL、アジアツアー完走&新作のアートワーク・カップリング情報を解禁

SCANDALが、6月4日シンガポール・The Coliseum™公演からスタートさせた、SCANDAL TOUR 2016「YELLOW」のアジアでの4公演を6月18日のタイ・BCCホール公演にて大盛況の中、無事ツアーを完走させた。

タイ・BCCホール公演では、YELLOWの収録曲を中心に旧譜も織り交ぜ、新曲「テイクミーアウト」なども披露。タイ語でのMCにもトライし、会場は大興奮の中、アジアツアーの幕を閉じ、ツアーファイナル公演にふさわしいコンサートとなった。

そして、アジアツアーファイナルのタイ・BCCホール公演終演後に7月27日発売のニューシングル「テイクミーアウト」のアートワークをオフィシャルHPにて公開した。
加えてバンド結成10周年の軌跡をまるごと1冊に詰め込んだ、『SCANDALぴあ』もニューシングルリリースの前日である7月26日に発売することが決定。

「テイクミーアウト」と『SCANDALぴあ』を同時期に発売するにあたり、両作品で連動したジャケット・アートワークを制作。世界的に活躍する写真家ARIKO氏とのコラボレーションで、SCANDALの持つグローバルな感性を凝縮。昨年のワールドツアーを経て、今年も国内だけでなくアジア・ヨーロッパでのツアー、そして結成10周年に向かうSCANDALだからこそ表現できるアートワークに仕上がった。

さらに「テイクミーアウト」のカップリングには4年ぶりとなるMAMIとTOMOMIによるスピンオフ・ラップ・ユニット、どぼんどぼんど名義の楽曲が収録されることも発表された。初回生産限定盤AにはDJみそしるとMCごはんプロデュースの「セカペロ」、初回生産限定盤BにはSHINCO(スチャダラパー)・サイプレス上野プロデュースの「どぼんどぼんどダンジョン」、通常盤(初回仕様限定盤)にはRINA詞曲ヴォーカルによる「I want you」がそれぞれに収録される予定。

今回のSCANDAL TOUR 2016「YELLOW」は国内では、残すところ振替公演となっている6月27日、28日の大阪・なんばHatchでの2日間で一区切りとなり、9月には10都市にて開催されるヨーロッパツアー「SCANDAL TOUR 2016 “YELLOW” IN EUROPE」へと続く。

8月21日にバンド結成10周年を迎えるSCANDAL。結成日には大阪での凱旋野外コンサートの開催も決定している。

リリース情報
シングル「テイクミーアウト」
2016年7月27日発売

初回生産限定盤A ESCL-4660/1,050円(税込)
収録曲
M1.テイクミーアウト
M2.セカペロ/どぼんどぼんど
M3.テイクミーアウト(Instrumental)

初回生産限定盤B ESCL-4661/1,050円(税込)
収録曲
M1.テイクミーアウト
M2.どぼんどぼんどダンジョン/どぼんどぼんど
M3.テイクミーアウト(Instrumental)

通常盤(初回仕様限定盤) ESCL-4662/1,050円(税込)
収録曲
M1.テイクミーアウト
M2.I want you
M3.テイクミーアウト(Instrumental)

商品情報

「SCANDALぴあ」
2016年7月26日(火)発売
価格:1800円(税込)
仕様:A4変型 132P/無線とじ
コンテンツ
・それぞれが初めて語る「10年やった、今だから言えること」SCANDAL 10年の歩みを語るソロ&バンドインタビュー
・それぞれが会いたい人に会うスペシャル対談
・SCANDALヒストリー
・著名人、関係者、ファンが語るSCANDAL
・ぴあ名物100Q
※仕様、内容は変更となる場合有り
SCANDALぴあ商品ページ
<PC・スマホ>http://piabook.com/shop/g/gC9784835631295/
<モバイル>http://piabook.com/m/goods/goods.aspx?goods=C9784835631295
※SCANDALメンバーへの質問・アンケート募集中

ライブ情報
「SCANDAL TOUR 2016“YELLOW”」
6月27日(月)大阪・なんばHatch 開場 18:00/開演 19:00
6月28日(火)大阪・なんばHatch 開場 18:00/開演 19:00

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy