ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「脱水シート」で、お肉や魚が包むだけで美味しくなる!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

特売でお肉やお魚をたくさん買い、小分けしたり冷凍して使うことってよくありますよね。しかし、一度冷凍してしまうと、色が悪くなったり、臭みが出たり……さらには味が落ちてしまう。

そんな悩みを解決してくれるのが「脱水シート」。このシートに包んで冷凍すると、劣化を防ぐだけでなく、冷凍肉や安い魚が高級店の味わいに!

脱水シートに包むと
お肉や魚が……

01.
 シートの浸透圧で
余分な水分と臭みが取り除かれる

脱水シートが魚介類や肉類などに含まれる余分な水分やアンモニア、トリメチルアミンなどの生臭さだけを取り除き、旨味成分を素材の中に閉じ込めてくれます。

02. 
劣化の大敵!
ドリップを防いでくれる

ドリップとは、パックの隅に嫌な臭いを放ちながら溜まっている水分のこと。素材をカットしてから時間が経つほどに増えていくのですが、脱水シートは余分な水分だけを吸収してくれるので、ドリップを防ぐのはもちろん、旨味が流出しにくいのもいいところです。

03.
素材の身締めで
歯応えもアップ!

鶏もも肉やホタテなどの水分が多い食材は、余分な水分を取り除くことで、素材の身が締まり、歯応えがアップします。素材の色目やツヤを良くする効果もあるので、赤身はより鮮やかに、白身のお魚は透明度が増すという効果も。

包むだけで旨味が増して歯ごたえも良くなる脱水シート。こんなに簡単で美味しくなるなら、冷凍する必要が無くてもわざわざ冷凍したくなるぐらい。脱水シートは、スーパーやネットでも手軽に購入できるので、試してみてくださいね。

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP