ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

立派な母親になんてなれない!理想の妊婦生活とのギャップからマタニティブルーに…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私は現在30歳、妊娠26週目です。

ついこの間までマタニティブルーを感じていました。

症状は、

・嫌悪感・やる気が全くない・毎日楽しくない・赤ちゃんが楽しみじゃない・赤ちゃんの為に何もしたいと思えない・涙が出る・周りの友達が羨ましくて仕方がない・自分はこのままでいいのか不安…

などです。

本当に辛くて、自分が嫌いでした。

こんな風に思っていたので、ずーっと寝てばっかだったり、暴飲暴食をしてさらに自己嫌悪に陥ったり、悪循環…。

なぜマタニティブルーになったんだろう…。

私はもともとアクティブで楽しいことが大好き。仕事も楽しみ、悩みを抱えるタイプではありませんでした。

ただ充実したキラキラなマタニティライフに理想を持っていたかもしれません。

結婚して妊娠が分かった時は本当に嬉しかったです!

みんなにも祝福されて幸せでした。

しかし、悪阻が治り安定期に入ったにも関わらず、疲れやすく、身体を思うように動かせない…。

「安定期に入ったのに毎日充実してない」

「やりたい事はあるのに、疲れで何もできない」

「理想と現実が違う」

「赤ちゃんの生まれる準備が何もできていない」

家にこもっていると、自然とSNSを見る機会が増え、妊婦友達、子供がいる友達、独身友達のキラキラ輝いている写真が嫌でも目につき、その度に気持ちが落ちました。

こんな状態が赤ちゃんには良くないとは分かっていても、涙が止まらない自分にますます自己嫌悪になりました。

旦那さんはとても優しいのですが、仕事が忙しく、ゆっくり話す時間もなくてストレスは溜まる一方。

ある日、とうとうそんな気持ちが爆発して、旦那が帰ってきた途端、号泣し、初めて旦那に最近思っている気持ちをぶつけました。

「私、赤ちゃんが楽しみじゃないの。毎日がつまらない、他の人が羨ましくて仕方がない。

こんな私は立派な母親になんてなれない。

心配がたくさんありすぎなのに、何も準備が出来てなくて、私乗り越えられない!!」

すると旦那は、

「今までごめんね。話をゆっくり聞いてあげられなくて。

僕はね、何もしてあげられてないけど、赤ちゃんがとても楽しみだよ。

パパになる実感も湧かないし、赤ちゃんに何が必要で準備しなきゃいけないとか、何も知識がないけど、2人の赤ちゃんがとっても、楽しみだよ。

僕は完璧なパパにはなれないと思うけど、愛情だけは誰にも負けないよ!

そんな僕でも〇〇ちゃんを支えていくよう に頑張りたい!

だから、そんなに自分を追い詰めないで、自分のペースでゆっくりママになる準備すればいいんじゃないかな?

人と比べなくても〇〇ちゃんは、素敵なママになれると確信してるよ」

私はその言葉で本当に救われたような気がしました。

私は私。私のペースで、私らしく、子供を愛そう!

そのあと、尊敬する人からもメールを頂きました。

「気分が落ちている時ほど、他人がキラキラ輝いて見えるものよ。他人のSNSに振り回され、自分を失う。

でもね、他人から見たら、あなたはとってもキラキラ輝いて見られているのよ。だって、小さな命を宿し、お腹の中で大切に育てているんだから。

他人と比較するのではなく、自分自身を見つめて。あなたは素敵よ」

人と比べる必要なんてないんだ!このままの私でいいんだ!

不安もあるけど、旦那と2人でゆっくり乗り越えていけばいいんだ!!

そう思えるようになりました。

マタニティブルーを感じている方へ。

あなただけではありません。みんな感じています!

でも、あなたは素晴らしいです。誰よりも素晴らしい。

だって、お腹の中の赤ちゃんは数ある中から、あなたを選んであなたのお腹に宿ったのだから!

だから、自分自身に自信を持って、あなたらしく、あなたのペースでゆっくりママになっていきましょう!

著者:Sue.0726

こんにちは★

私は30歳、妊娠26週目、東京に住んでいます。旦那は公務員(多忙)、私はサービス業(今は産休中)。

妊娠してから、マタニティへの理想と現実のギャップに悩みマタニティブルーになってしまいました。でも、今は乗り越える事ができました!少しでも私と同じ気持ちになった人がいるのであれば、参考になりたいと思い、体験談を書きました!!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「またやってるの!?」と言われても…執拗なヘソ掃除で手に入れた"美ヘソ"と夫 by きのかんち
夫にイライラを募らせてドカーンと大爆発!プチ家出でマタニティブルーもスッキリ
安定期から激太り

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。