ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シーフードカレー味の焼きそばとは? マルちゃんの新製品を作って食べてみました

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


マルちゃん(東洋水産)が発売した『マルちゃん焼そば 夏限定 シーフードカレー味』を作って食べてみた。

『シーフードカレー焼きそば』とは?

“シーフードカレー焼きそば”と聞いて、どんな料理を想像するだろうか。

魚介類をふんだんに使い、カレーパウダーで味付けした焼きそば。もしくは麻婆焼きそばのように、炒めた麺の上にシーフードカレーをかけたものか。

5月18日、東洋水産が発売したのが、『マルちゃん焼そば 夏限定 シーフードカレー味 3人前』だ。つまりシーフードカレー焼きそばではなく、シーフードカレー“味”の焼きそばであるのがミソ。

同社からは、ソース味の他にも、いろんな味付けの焼きそばセットを販売している。ちなみに春限定だったのは“えびマヨ味”だ。

ちょっと太めの麺


外見はこちら。“シーフードのうまみが利いた”や“海鮮のうまみたっぷり”と、「こんなにハードルを上げて大丈夫?」と思わせる煽り文句がある。

ソース味と比べると粉末ソースの袋が大きいめ。そして麺が太めだ。

意外な事実が発覚

裏側の原材料名などを見ていて、意外な事実が分かった。

パッと見の麺の大きさは変わらないものの、ソース味は1袋150グラムシーフードカレー味は135グラムと、ちょうど1割の差があった。

どちらも3袋セットのため、合計で45グラムの差となる。この差を小さいと見るか、大きいと見るかは、あなた次第。

粉末ソースの材料は?


原材料名に表記していた内容はこちら。

【ソース味】
砂糖、食塩、粉末ソース、香辛料、粉末醤油、ポークエキス、植物油、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料(原材料の一部に小麦、リンゴを含む)

【シーフードカレー味】
砂糖、食塩、魚介エキス、香辛料、粉末野菜、粉末醤油、エビパウダー、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料(原材料の一部に小麦、豚肉を含む)

味付けとして使っているもので一番多い(含まれる量が多いものから表記する規定)のが“砂糖”とあるのはビックリ。

“魚介エキス”や“エビパウダー”あたりに、先の“シーフードのうまみが利いた”や“海鮮のうまみたっぷり”の自信がありそうだ。

シンプルに作ってみた

筆者が通常ソース焼きそばを作ると、こんな具合になる。この時は、豚肉、キャベル、玉ねぎ、シメジを使った。

その時に冷蔵庫にあるものを入れるので、豚肉がなければハムでもソーセージでもチクワでも。キャベツがなくても、白菜、もやし、ニラなどを適当に入れている。むしろ冷蔵庫の片づけかもしれない。

しかし今回は、しっかり味を見たいので、麺とキャベツだけでシンプルに作ってみた。

でき上がりはトップ写真の通り。シーフードカレー味は、やはり黄色っぽい。

シーフードのうまみは?


シーフードカレー味焼きそばの香りは、しっかりカレーだ。

そこに魚介っぽい香りがあれば良いのだが、こちらは微妙なところ。カレーの香りが強いので「あるような…ないような…」と。

それでも食べてみれば、しっかり“海鮮のうまみ”が味わえた。看板(パッケージ)に偽りはなかったようだ。

ただしここに豚肉やソーセージでも入っていた場合は事情が異なる。カレー味が強いため、何も知らないまま食べると、「ああ、カレー焼きそばね」で終わってしまう可能性もある。

15グラムは?


こちらはソース焼きそば。麺の太さの違いが分かってもらえると思う。

ちなみに15グラムはこれくらい。成人男性ならひと口。女性や子供ならふた口くらいか。

再度書いておこう。この差を小さいと見るか、大きいと見るかは、あなた次第。

東洋水産『マルちゃん焼そば 夏限定 シーフードカレー味 3人前』新発売のお知らせ
http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2016/05/post_1222.html

※写真は全て筆者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: keisen) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP