ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本発!世界で初めての楽譜専用の電子端末「GVIDO」は書き込みもできる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レッスンやパフォーマンスでいくつもの曲を演奏する人にとって、毎回たくさんの楽譜を持ち歩くのは煩わしいもの。また、演奏中に譜面をめくり損ねるなんてこともある。

そんな悩みを一挙解決してくれそうな楽譜専用の電子端末「GVIDO」が開発された。電子ペーパーに楽譜を表示し、しかも内蔵メモリーにたくさんの楽譜を保存して持ち歩けるというもの。タッチしてページをめくったり、専用のペンで書き込んだりもできる。

・海外サイトでも注目!

GVIDO(グヴィド)はテラダ・ミュージックスコア社(東京・品川)が開発。このほどフランスで開かれた国際音楽産業見本市に出展したところ注目を集め、海外のニュースサイトでも取り上げられるなど話題になっている。

同社によると、電子ペーパー採用の2画面楽譜端末は世界初という。

・マイクロSDカードスロットも

GVIDOはE-Ink社製の13.3インチ電子ペーパーディスプレーを採用。サイズは既存の楽譜とほぼ同じで、使用時(見開き時)の大きさは48×31センチ。ちなみに重さは650グラムとなっている。

使うには、PDF形式の楽譜を取り込む。GVIDOは8GBのメモリーを内蔵し、さらにマイクロSDカードスロットもあるので、大量の楽譜の持ち運びも可能だ。Wi-Fi、Bluetoothにも対応する。

・タッチペンで書き込み可能

気が利いているのが、楽譜に書き込みができる点。ワコム社のタッチペンを使えば、練習中に気づいたことや、自分なりのアレンジをメモしたい時、紙製の楽譜同様にメモができる。もちろん書き込んだ楽譜の保存は可能だ。

また、フレーム部分にはセンサーが埋め込まれていて、タッチするだけでページを前後にめくることができるのも便利。これなら、手が滑ってめくり損ねた、ということもなくなりそうだ。

・電子楽譜が一気に浸透?

現在はプロトタイプが出来上がった段階で、今後は音楽関係者の意見などを参考にしながら使い勝手をさらに高め、実用化を目指すという。

商品化されれば楽器演奏者の利便性が高まるのはもちろん、電子書籍が社会に浸透しつつあるように楽譜の電子化が一気に進むなど音楽業界にも影響を与えそうだ。

GVIDO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP