ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノースリーブ対策 石田純一風にはおりものを肩にがトレンド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ暑さが本番。露出が増えてきますね。ノースリーブで、肩や腕を出してしまって大丈夫? そんなふうに不安になる方も少なくないでしょう。ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、ノースリーブの着こなしについて教えてくれました。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう! 今年も“サラリーマン川柳コンクールベスト10”が発表されました。今年で29回目なのですね。毎年、楽しみにしているファンも多いそうで、私もその1人です。

 栄えある大賞は、《退職金 もらった瞬間 妻ドローン》(元自衛官・60才)。家庭内でぞんざいな扱いを受けるお父さんというのは、たとえ時代が変わろうと、誰もが共感できる普遍のテーマです。

 数ある傑作の中から、私が特に気に入ったのは、第11位に入った、《トライして ずっと寝たママ ごろん丸》(風人)という作品です。

 光景がありありと目に浮かぶ、リアリティーがたまりません。“ごろん丸”って、多分、日本中のお茶の間に生息しているのではないでしょうか。

 時は薄着の季節。街を見渡せば、ノースリーブやTシャツ一枚で闊歩する“ごろん丸”がいっぱいです。

 もちろん、ノースリーブを着てはいけないと申し上げているのではありません。中途半端な長さの半袖よりは、潔く腕を出してしまったほうが、全身はすっきり見えるものです。

 それに、暑い季節は薄着のほうが涼しげに見えるのは当然のこと。夏になっても、なぜかかたくなに黒の重ね着をしていらっしゃるかたをお見かけしますが、ご本人はおしゃれのつもりでも、見るからに暑苦しくてたまりません。

 皆さまにはぜひ、暑い季節を乗り切る、素敵な薄着を目指していただきたいと思います。

 とはいえノースリーブに関しては、二の腕を出していい人と、出してはいけない人がいます。多少のタルミは問題ないとしても、二の腕の振袖の揺れ具合とか、ブラの上下のお肉のはみ出し具合など、深刻な問題が山積している部分でもあります。

 でも大丈夫。解決する方法は、あります。大切なのは、まず、姿勢。ノースリーブを着た際には、背筋を伸ばして常に脇を締め、二の腕を目立たなくする工夫が必要です。

 脇を締めるといっても、二の腕がむにゅっと広がるほど体に押しつけるのは御法度で、体とひじは、常に5cmくらいの隙間を保っているのが正解。

 こんな姿勢を長時間保ち続けるのは、“ごろん丸”にとってはかなり過酷な動作ですが、若々しいおしゃれを楽しむためには、必要なこと。ぜひともがんばっていただきたいものです。

 そもそも、ノースリーブを買う際の注意点としては、脇の“くり”(開き)があまり大きくないものを選ぶのが鉄則。大きく開いていると、周囲の人があまり見たくないもの、たとえば、下着や脇のお肉がはみ出すなどの“事故”が起こりがちです。

 そしてエレガントに見えるよう、きれいな色目を選ぶことも大切ですね。若い人が着たら生成りに見えても、大人世代の女性が着ると黄ばんで見えたり、トレンドのカーキ色は枯れ葉色に見えてしまう危険性もはらんでいます。

 そして最大のポイントは、なんといってもカーディガンなどの“はおりもの”を上手に使うことです。原則的に、この“はおりもの”は、絶対に脱いではいけません。

 袖を通さずに、石田純一さん風にはおりものを肩にはおるのもトレンドです。この時も肩や腕の肌を全部見せずに、上手に隠すこと。いわゆる“肌見せ”の効果を狙うのです。見せるところと、隠すところのメリハリをつけて、素敵な初夏を過ごしましょう。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
バブル時代に買ったノースリーブニットや紺ブレは捨てるべし
新垣結衣 白のノースリーブに花柄スカート姿でハ虫類愛語る
相武紗季 ノースリーブのドレスに身を包んだその麗しき美貌

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。