ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐藤浩市 事象に振り回されつつ能動的に攻める芝居ができた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 役者の佐藤浩市(55)といえば、20歳になる年のデビューから一貫して、舞台ではなく映像作品にこだわってきた。映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』から、主演映画『64─ロクヨン─』が、最近の日本映画においては珍しい雰囲気を放っている理由などについて語った言葉をお届けする。

 * * *
 公開中の映画『64─ロクヨン─』(以下、『64』)で、佐藤浩市は主人公である警察の広報官・三上に扮する。佐藤は組織内での軋轢に苦しみながらそれを突破していこうという芝居を見事に演じていた。

「捜一(捜査一課)バリバリの現場刑事だったが、今は自分が望んでいない広報官になっているという人間なので、普通の刑事ドラマに比べても組織の重みというのは非常に大きくなってくる。

 僕自身は組織に属したことはないのですが、でも考えてみれば社会の中で生きる人間であれば90何%が部下であり上司でもあるわけですよね。俯瞰できるのは、ほんの一握り。そうなると、ほとんどの人間は組織の中で多面的なものを抱えている。多面的にならざるをえない。
 
 部下に見せる顔、上司に見せる顔……。そう考えると、僕も含めて、生きている以上は多面的になっている。そういうことでいいよねって思えたのが、三上をやる場合に大きかったです。

 僕は役をやる前に取材をするのが好きで、刑事をやるなら刑事に話を聞いてきました。でも、今回は実際の広報官に話を聞いちゃうとやりづらくなるかもしれないと思ったんですよ。三上は刑事に未練を残しながら広報官をやっているという、そういう仮住まい的な意識ですから。広報官らしくない人間が広報官をやって、最後に広報官の一義が感じられればいいかな、と。そう考えて今回は取材をお願いしなかったんです」

『64』は近年の日本映画では珍しく、役者たちが演技の火花を真っ向から散らし合い、どこかかつての日本映画に漂っていた熱い空気を感じさせてくれる。

「このところの日本映画って、主人公が事象にいろいろと振り回されて、その中でどうなるかっていう話が多いですよね。でも『64』は振り回されつつ、そこから攻めるんですよ。だから、久々に能動的に攻める芝居ができた。新聞記者役の瑛太がガッと攻めてくる。その攻めを僕が受ける。そして、受けた後に攻めるんですよ。

 受けているばかりだった最近の自分の役とは違っていた。だから、作品の空気感だけでなく芝居も昭和っぽくなっているんだと思います。

『64』前編は東宝の宣伝部が『満足度95%』『後編も観たい人97%』と謳っているわけだけど。逆を言うとですよ、5%の人が面白くなかった、3%の人は後編を観たいと思わない。映画ってそういうことなんです。良し悪しはあるかもしれないけど、基本的には好き嫌いがあって、万人が評価するということはありえない。

 表現って結局は嗜好なんですよ。嗜好である以上は、僕らも『誰かに向かって芝居する』という時に『みんなに向かって』ではなくて、芝居のあり方も嗜好であっていい。

 役者として最後に守れる砦は『拒絶』です。『すみません、できません』、それが役者に残された唯一の言葉だと思っています。パーソナルな心象的な場面では『こうはならないな』と思ったら、『別のやりかたでやらせてもらえませんか』という言葉を、役者は持ってないといけない」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』(文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』『市川崑と「犬神家の一族」』(ともに新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

■撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年7月1日号

【関連記事】
平泉成の芝居論「スターはベンツに、役者は電車かバスに乗れ」
主役も脇役も幅広くこなす橋爪功 事前に役柄を組み立てない
杉良太郎 「役者殺すに刃物は要らん」と何を自らに戒めたのか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP