ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新じゃがは栄養豊富でビタミンC含有量はレモン1個分

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 じゃがいもの旬をご存じですか? スーパーの店頭に一年中並んでいるから、いつでも収穫されていると思いきや、実は4月中旬から10月までの約半年間が収穫時期。新じゃがいも(以下、新じゃが)とは、この時期の“獲れたて”をさすのだ。そもそも、普通のじゃがいもとどう違うの? そこで、新じゃがの魅力をご紹介。

「じゃがいもの収穫は、一般的に4月中旬に九州から始まり、10月中旬に北海道で終わります。この期間に収穫したてのじゃがいもを新じゃがと呼んでいます」とは、カルビー広報部の田中宏和さん。

 国内に出回るじゃがいもの8割以上は、秋に収穫の最盛期を迎える北海道産なので、新じゃがの旬は、まさにこれからやってくる。「寒暖差の大きな北海道産の新じゃがは、味が濃く、身が締まっていておいしいんです。この新じゃがは、一度に全量が出荷されるわけではなく、定温貯蔵庫で約半年間保存されます。これがいわゆる、“普通のじゃがいも”になるのです」(田中さん)

 じゃがいもと新じゃがの違いは、栄養面にもあるという。

「じゃがいも100g(Mサイズ約1個分)中のビタミンC量は約25mg(『日本食品標準成分表 2015年版(七訂)』)。でも、6~9月に収穫された新じゃがには、ビタミンC量が約100mgになる品種もあるのです」(田中さん)

 100mgといえば、1日のビタミンC必要摂取量で、レモン1個分にも相当する。ただし、それは生の場合。じゃがいもは、加熱調理して食べるものだが、そうなると、熱に弱いビタミンCは失われてしまうのでは…。

「じゃがいものビタミンCは、熱で糊化したでんぷんに包まれているので、壊れにくい。だから高温の油で揚げるポテトチップスにも、7割程度のビタミンCが残っているんです」(田中さん)

 さらに、新じゃがをおいしく食べるには、蒸す・煮るといった調理法がおすすめだと、東京農業大学元教授・徳江千代子さんは言う。約60度でじわじわ熱を入れると、酵素が働いて甘みが増すのだ。

「もっともおすすめしたい食べ方は、皮ごと食べること。ほとんどの栄養成分は、皮と身の間に多く含まれています。新じゃがは、皮が薄いので、そのまま食べられるのが魅力。食べないともったいない!」(徳江さん)

 新じゃがには、高血圧の進行を抑えるカリウムや、便秘改善に有効な食物繊維、糖質を分解し脳の働きを活発にするビタミンB1なども豊富。

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
春キャベツ、新玉葱、新じゃがのおいしい食べ方と保存方法
野菜じゃなくて実は菌類 栄養豊富で身体にいい「きのこ」
ニンニクやレバーを食べると悪夢を見なくなる 健康の新常識

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP