ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生徒たちの前で、20ドル札をぐしゃぐしゃにして踏み潰した先生の話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。

「これが欲しい人は?」。

生徒たちは一斉に手を挙げます。

先生は小さく紙幣を折りたたみ、こう続けました。

「これならどう?」。

子ども達からは、「欲しい!」という声が。

20ドル札をくしゃくしゃに丸めて、ポイッと投げ捨てる先生。

「もう欲しくないかな」。

それでもクラスのみんなは、一人残らず手を挙げています。

すると、今度は紙幣を踏み潰し、フロアのはじっこへと蹴り飛ばしてしまいました。

「誰か欲しい人はいる?」

みんなの反応は相変わらず。

先生はこう言いました。

「今日、あなた達は素晴らしいことを学びましたね」。

先生が教えたかったことって?

「私がこのお金に何をしようと、みんなは欲しいと思いましたよね?それは、このお札に20ドルの価値があるということを、あなた達が知っているからです。何が起きても、どんな見た目になろうとも。その事実は変わりません。

どんなにつらい目にあっても、どんなにひどい扱いをされても、関係ないのです。あなたの価値は変わりません。利用されたり、邪魔者扱いされたりしても、何があったとしてもです。

あなたを愛している人にとって、あなたは価値ある存在であり続けるのです。

これは、Little Thingsに掲載されたお話。記事を書いたRebecca Endicottによれば、古くから知られている逸話なのだそうです。実話かどうかはさておき、よくできていますよね。

Licensed material used with permission by Little Things

関連記事リンク(外部サイト)

せんせ〜!絵が上手すぎると思います(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP