体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大原櫻子が推薦「スカッと爽やかになる曲」

エンタメ

大原櫻子が推薦「スカッと爽やかになる曲」
J-WAVE土曜15時からの番組「J-POP SATURDAY」(ナビゲーター:落合隼亮・リアド慈英蘭)。6月18日のオンエアはゲストに大原櫻子さんを迎えて、大原さんが選んだ「スカッと爽やかな曲」を紹介しました。

「J-POP SATURDAY」には、およそ1年ぶりの出演となった大原さん。スタジオに登場するや否や、かわいいだけでなく、グッと大人っぽくなった姿に、リアドは「『大人っぽくなった』って言われません?」と聞くと、大原さんは「ここ1年くらいはよく言われるようになりましたね」と答えました。

大原さんは7月から始まる月9ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ)に出演が決定。出演は大原さんのほかに、桐谷美玲さん、山崎賢人さん、三浦翔平さん、野村周平さんほか、豪華キャスト。そんな大原さんが同番組の6月テーマに合わせて「スカッと爽やかな曲」を選んでくれました。

■Hey! Say! JUMP「明日へのYELL」
「出演させていただいたドラマの主題歌でもあるんです。私自身も思い入れのあるドラマで、スカッとする曲といえばこの曲だと思いました」(大原さん、以下同)とオススメ。

■いきものがかり「夏空グラフィティ」
「ライブの映像を見たときに、ライブの一番最初に歌われていて、『いきものがかりさん、きたぞー!』って思ったんです。歌っていても気持ちいい曲です」とのこと。思わず歌いたくなる曲ですよね。

■TUBE「あー夏休み」
「こんなに開放感がある楽曲は珍しいですよね。小さな頃から母の影響で聴いていました」。落合が「夏休みに何をしたい?」と大原さんに聞くと、「スイカ割りをやりたい」という話になりました。「スイカ割りは、やりそうでやらないですよね」という大原さん。夏の新ドラマでそんなシーンがあったらいいですよね。

そんな大原さん、デビューのときからのお付き合いである亀田誠治さんプロデュースの「大好き」を6月1日に発売しました。6月29日にはニューアルバム「V(ビバ)」を発売します。曲を作っている最中は地方公演もあって大忙しだったそうです。

「移動中の機内でも考えてました。空港に着いたらディレクターさんと電話で相談したりもしましたね」

あまりの多忙ぶりに、落合も「いつ遊んでるの!?」と心配するほどでした。大原さんにとっては忙しいときの方が、時間を有益に使えるそうです。さらに、ニューシングル「大好き」については…

「好きな気持ちを伝えられないもどかしさを歌った内容です。好きな人がいたら、その思いを伝える勇気を受け取ってもらえたらと…。でも、なかなか日常では言えないですよね…。言えないときは、この曲を歌ったら思いを受け取ってもらえるかもしれません」

とのこと。ニューアルバム「V(ビバ)」は「ファーストアルバムのときよりも、マイナー調の曲を多く入れたので、大人っぽさが伝わったら嬉しいです」とメッセージを伝えていました。

8月にはコンサートツアーも始まります。毎回、エレキギターを弾いたり、ピアノの弾き語りをしたりと、新しい一面を見せているという大原さん。「今回のツアーでも新しい一面を見せられたら」とのこと。多才な大原櫻子さんだけに楽しみですね。

次回のオンエアではどんな方が、どんな「スカッと爽やかな曲」を選んでくれるのでしょうか。土曜15時からの「J-POP SATURDAY」をお聞き逃しなく!

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会