ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

先生が授業前に描く今日の一枚『PICTURE OF THE DAY』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、と思うことも。

海外のとある高校に、教室のホワイトボードに毎日イラストを描き続ける教師がいました。絵は、ストーリー性が感じられて楽しいものばかり。本人のコメントと、その画像を一部紹介します。

「私は高校で歴史を教えています。毎日8時15分、1時間目の授業が始まる前に、5~20分くらいでカンタンな絵を描いていました。引き出しに困ることもありましたが、生徒たちのアドバイスを取り入れたり、パッと思い浮かんだ変なものを絵にしていました。みんなが楽しめて、話のタネになったり、シンプルに笑顔になってくれたらいいなって思ったんです」。

01.



02.


“さよなら”。

THE LESSER SPOTTED WREN
ステータス:絶滅(自選)

THE BAVARIAN FLICKER
ステータス:繁殖中

THE DEWEY HORNBILL
ステータス:OK

未知の生物が科学界に仲間入り…。

03.


マーク・ロスコ風。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ風。

04.



05.


06.



07.
















08.

”おかえりなさい(学校に)。”

最後の1枚は、長期休業のあとに描いたものでしょうか。単発のものから、短編・長編まで様々で、毎日教室に入るのが楽しみになりそうですよね。

その他にもたくさんの絵が公開されています。気になった人はコチラからチェックしてみて!

Licensed material used with permission by jmayne

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP