体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【中古車屋さんに行く前に】「即決」の可能性がある人ほど、やっておくべき4つのこと

▲家具を買うときは置く場所のスペースを測っておくと失敗が減ります。中古車も同じように事前にちょっと準備しておくことで販売店で車をスムーズに見ることができるんです

▲家具を買うときは置く場所のスペースを測っておくと失敗が減ります。中古車も同じように事前にちょっと準備しておくことで販売店で車をスムーズに見ることができるんです

すべての準備は店頭で中古車を気持ちよく見るために

カーセンサーnetで「これはっ!!」という中古車を発見! メールで在庫確認したら「まだ車は残っている」という連絡が。

「♪───O(≧∇≦)O───♪ よーーーし!! これで車が手に入るぞ!!」

テンションMAXで中古車販売店に実車を見に行くことにしたあなた。ちょっと待って! 目当ての車をきちんと見るためにも中古車屋さんに行く前にやっておいた方がいいことがあるのをご存じですか?

もちろんこれらを一切やらずに中古車屋さんに急いでも車は買えます。でも少しだけ労力をかけることで、店頭で気持ちよく目当ての車を見ることができるようになるんです。気持ちよく見ることができれば買うべき車かどうかの判断も冷静にできるし、お店の人との会話も弾み、そこからいろいろなヒントが得られるかもしれませんよ。

1、予約を入れよう

▲来店予約は時間に余裕を持っておくと楽。とくに1日で複数店舗に足を運ぶ際は、途中で渋滞に遭遇する可能性も考慮しておくと、当日焦らずに済みます

▲来店予約は時間に余裕を持っておくと楽。とくに1日で複数店舗に足を運ぶ際は、途中で渋滞に遭遇する可能性も考慮しておくと、当日焦らずに済みます

ほとんどの人はヘアーサロンに行くときに予約を入れますよね? レストランに行くときも事前に予約しておくことがあるでしょう。予約を入れることで店頭で待たずにスムーズに案内してもらえます。

中古車も同じ。直接中古車屋さんに出向いたときに他のお客さんがその車を見ていたら、あなたはお客さんが帰るまで待つことに……。予約を入れておけばそんな“無駄な時間”をなくすことができます。

また、新車と違い同じものが2つとない中古車の購入は“早い者勝ち”のシビアな世界。あなたがお店に行く前に売れてしまう可能性だってゼロではありません。そんなとき、予約を入れて連絡先を伝えておけば売れてしまったと連絡をくれるので無駄足を踏まずに済みます。

2、メモをとれる準備をしていこう

▲聞きたいことを事前にメモしておいて持っていくことも大切ですが、実車を見てはじめて出てきた疑問・質問の聞き逃しが無いように、店頭でもメモがとれる準備をしていきましょう

▲聞きたいことを事前にメモしておいて持っていくことも大切ですが、実車を見てはじめて出てきた疑問・質問の聞き逃しがないように、店頭でもメモがとれる準備をしていきましょう

聞きたいことは事前にまとめておくと◎。もちろん、カーセンサーnetの「在庫確認・見積依頼」機能を使えば、お店に行く前にどんなことでも問い合わせは可能ですので、こういった機能も活用してみてください。とはいえ、実車を前にすれば、疑問質問も増えるはず。聞きもれなく質問し、契約の判断基準となる答えを忘れないためにも、その場でメモができる準備をしていきましょう。

3、「即決」に備えたものを持参しよう

▲乗り替え予定で、すでに乗っている車があるなら、チャイルドシートなど普段使っているものをそのまま積んで来店がオススメ
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。