ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京都内にある白砂のビーチでオープンエアーディスコ!「トロピカルハウス」のイベントが開催(6月25日〜)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏。最高のロケーションと音楽を満喫したいなら見逃せないのがコレ。会場は、都会のオアシス、豊洲マジックビーチ。え、まだ行ったことがない?ナンテコッタ!

ゆっくりと風を感じながら空を眺めるビーチタウンがコンセプト。開けたベイエリアに位置する白い砂浜と、頬をなでる海風はまさに爽快。夜は3km先に見える銀座の輝きを遠目に、都会の喧騒と一気にお別れサヨ〜ナラ!そんなアーバンリゾートに、ディスコをつくって“トロピカルハウス”で踊っちゃおう、というのが6月25日に開催されるイベント「Tropical Disco」。

クラブでもフェスでもない
“オープンエアーディスコ”





イベントがフィーチャーしているのは、トロピカルハウスというジャンル。ディープハウスから派生したもので、一部では癒し系EDMとも言われています。2000年代半ばから徐々に注目を集めていたもので、2014年前後に一気に人気が急上昇!

スペシャルゲストには、 Spinnin’ Deep、Armada Deepなどの名門レーベルからのリリースで知られるDe Hofnar(デ ・ ホフナール ) が来日。ヒット作『Back In The Day』で知られています。

また、日本からは☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm)がHouseセットで参加。その他、ジャズヴォーカリストMayaHatchと、James De Barrado(ELIXIA)、RenYokoiなどが組んだ「Tropical Disco Band」も必見。イベントの雰囲気は下記PVで!イメージモデルには、水原希子の妹でモデルとして活躍している水原佑果が起用されていますよ。

南国を連想させる軽快なシンセとアコースティックなサウンドにスローな4つ打ち。「アッパーな曲で皆でジャンプして大騒ぎ!」が主流だったダンスミュージックに現れた、良いとこ取りのハウスミュージック。

その入門編かつベスト版としてKygo、Matoma、Sam Feldt、Thomas Jack、Lost Frequenciesなど、シーンを代表するアーティストのヒット曲を網羅したコンピレーションアルバムも2016年7月13日に発売予定(税抜2,500 円)。8月6日には再度イベントが予定されており、その後毎月レギュラーパーティが開かれるそうです。

トロピカルハウスを生で体験してみるか、アルバムでチェックしてみるかはアナタ次第。ただ、南の島にエスケイプする代わりに、ここでリゾート気分を味わうだけでも十分魅力的ではないでしょうか。そこにハッピーな音楽があるというならなおさら。

詳しくはコチラからチェックしてみて!

【開催概要】

■会場
MAGIC BEACH

■アクセス
東京都江東区豊洲6-1-14

■開催日時
2016年6月25日
15:00–21:00

■入場料
前売3,500円/当日4,000 円

■BBQ
予約スタートは後日発表。

■出演
De Hofnar (Spinnin’ Deep, Armada Deep)
☆TakuTakahashi (m-flo,block.fm)[ExclusiveHouseSet]
REN, Shin Ishizuka
Tropical Disco Band
(Maya Hatch, James De Barrado, Ren Yokoi and more)

■webサイト
http://www.tropicaldisco.jp/

Licensed material used with permission by Tropical Disco

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。