ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

理想の奥さんの条件を朝まで生トーーク! ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

12歳で成人、うまくいかない新婚生活

源氏は元服し、左大臣の娘、葵の上と結婚します。源氏12歳、葵の上は4歳上の16歳。葵の上の母は桐壺帝の妹(大宮)なので、2人はいとこ同士です。

葵の上は、実は源氏の兄の皇太子の妃になる予定でした。「こちらが先に申し込んでいたのに」弘徽殿女御と、右大臣親子はたいへん怒っています。そんな経緯もあり、美人だけど打ち解けてくれない葵の上に、源氏はがっかり。葵の上と藤壺の宮は1つしか年が違わないので、源氏の「年上のお姉さん」へのイメージが裏切られたのかもしれません。

結婚後、藤壺の宮への想いが募りますが、元服して一人前の男になった源氏には、藤壺の宮の側による機会はありません。宮中で管弦の遊びをするときに、かすかに彼女の弾く琴の音や、声が聞こえるのを嬉しく思うのが精一杯。

当時は通い婚なので、5、6日は御所で宮中へ、2、3日は左大臣家に通うというのを繰り返していました。

「やっとわかった、完璧な女はいないってことが」

時は流れ、源氏は17歳。5年の間に、既にいろいろな恋の噂も出ていますが、「光源氏という名前だけはいかにも派手に遊んでいそうだが、実際の彼は真面目な青年だった。そこら辺の相手とありふれた恋愛をするのは嫌で、困難の多い恋愛に燃えるタイプだった。そのせいで見苦しい行動もあったりした」というような感じで書いてあります。

今も葵の上とは不仲ですが、その兄の頭の中将と親友になり、勉強も遊びもべったり一緒。頭の中将は、弘徽殿女御の妹と結婚しているものの、舅の右大臣が仰々しく扱うので面倒くさく、あまり通っていない。源氏と同じ状態です。

梅雨の頃、宮中で宿直をしている源氏のところに頭の中将が遊びに来ます。本棚にあった、女の子からもらった手紙を見て「誰からの?」「これはきっとあの人だ」と、当てずっぽうで楽しんでいます。仲良しの間で、メールやSNSのやり取りを見せっこするような感じでしょうか。源氏は差し支えないものだけ見せて、肝心なのは隠しています。

「もっと秘密にしてるのがあるでしょ、そういうのを見たいんだけど」と、言いながら、頭の中将は「だんだんわかってきたけど、完璧な女性はいないね。自分が得意なことを威張って、他人を見下げるような女が多いよ」

「箱入り娘でよく出来た点があると、仲介役はそこを強調して勧めてくる。これはアタリかなと思うと、がっかりするような事がある。だいたい上流階級のお姫様は周りが欠点を隠すのでつまらない。下流の女とは特に接点もないし。そのどちらでもない階層の、中流に個性的で魅力的な女が多い。これからは中流がトレンドだ

当時、お姫様の広報係をしていたのはお使えする女房たちだったので、彼女たちの情報戦略が恋愛とその後の運命を左右しました。当然、盛った情報を流すケースもいっぱいあったのでしょう。そこへ、左馬頭、藤式部の丞という恋愛経験豊富な男2人も来て、トークに参加します。

「上流階級のお嬢様は、よく出来て当然だと思うので、優秀でも特別な感動がない。逆にどうやったらこんな人に育つんだろう?と思うほどダメな人もいる

「落ちぶれた家に、思いがけなくイイ娘がいるとすればかなり嬉しい。親父は年取っていて太っているし、兄貴も冴えない。たかが知れてると思っているところに、可愛くていい感じの娘がいたら萌える

期待してなかったのに意外といいコいるし!みたいなのは、今でもありそうですが…。話題は変わり、ただの遊びの恋愛ではなく、結婚して家庭を任せられる理想の奥さんとは?というテーマに。

「僕は奥さんに、家に帰って今日あったことを話したい」

平安貴族の主婦の仕事は、女房などの召使の監督、子育て(自分の子はもちろん、愛人の子を引き取って育てる事もあった)、着物の仕立てなどの手仕事(染め物から裁縫、刺繍など)、お客さんの接待や、人が集まるイベント事などの社交に関する、準備や手配などでしょうか。

全てに美的センスが求められる時代なので、コミュ力や管理者としての能力とともに、字がうまいとか、楽器が上手だとか、趣味の良さも問われたと思います。婚姻届も籍もないので、結婚と言っても形だけのことになるパターンも多かったこの時代。夫婦とは、お互いの信頼関係がモノを言う、シビアな事実婚ともいえます。

「職場だって、適材適所というのはなかなか無いけど、それでも大勢で協力して仕事をするのでなんとかなる。でも、一家を切り盛りする主婦はそうはいかない。男としては理想的な人がいないかと、大して浮気をしたいわけでもないのに、あちこちウロウロするけど決まらない。奥さんとして合格点の出せる人はなかなかいない。」

最後はちょっと言い訳のような感じですが、職場は大勢が協力するもの、家庭は主婦のテリトリーというのは言い得て妙なところもあります。何にしても、どの時代でも主婦は大変です。

「若くてそこそこ美人で、思わせぶりに焦らしたり、いかにも女の子っぽいコは、他の男にもこんな調子ではと浮気が心配になる。この手の女は奥さんとしては対象外
平安時代のぶりっ子(死語)かな?”恋愛テクを駆使しても本命にはなれない”説。変な色気を出さないほうが奥さんとしては良い、という考えです。

「結婚するんだから、いちいち気取ったやりとりとか、文学的で高尚な話とか、そういうのはなくていいけど、逆に家事ばっかりで、身なりに構わずおしゃれもしない女性もどうだろう。

僕は毎日、職場や友達のことでいろいろあったことを奥さんに話して、わかってもらいたいな~と思う。笑える話、悔しい話、そういうのを奥さんが理解してくれないと話し甲斐がない。

こっちが思い出し笑いをして「ああ~…」なんて言っているのに、奥さんが「何?」なんてマヌケな返事してくるのは、残念以外の何でもない。」

むちゃくちゃ頑張らなくてもいいけど、身なりに構わないのもどうかと思う。生々しい話です。今日あったことを家庭で話したいタイプの男性は、平安時代にもいたんだなあと思うとなんか面白いです。

「若くてまだ子供っぽい女の子と結婚すると、最初はいろいろ教えるが大変だけど、徐々にうまくなっていくのに満足感もある。一緒にいる時は可愛いさがカバーしてくれるけど、いざ彼女だけに任せると、仕切れなかったりして頼りにならない。そういうのは困る。逆に、普段は無愛想な女でも、何かの時には思わぬサポート力を発揮してくれたりして、ああ、良かったなあと思うことも。」

年下の可愛い女の子を育てるか、無愛想でもしっかりした女か。このあたりもリアルすぎてなんか怖いです。さて、長々と話した「理想の奥さんとは」にもついに結論が。

「もう、今は上流とか下流とか、見た目がどうとかなんてどうでもいい。よっぽど変でないなら、真面目で素直なひとと結婚するべき。その上、性格がいいとか、センスがよいとか、プラス評価があるならそれで満足して、欠点には目をつぶるべき。」

今でも十分通用する、素晴らしい結論ですが、みんな、なかなかそのあたりがうまくいかず悩んでいるのでは……。

話が長いので、源氏は途中で寝落ちしたりしています。くだけた格好でゴロゴロしながら話を聞いている源氏は”美しく、女性として見ていたいような”感じがします。紫式部はこの表現が好きだなあ。まだまだ話は続きますが、今回はこの辺で。

簡単なあらすじや相関図、原文と解釈等はこちらのサイトが参考になります。

3分で読む源氏物語 http://genji.choice8989.info/index.html
源氏物語の世界 再編集版 http://www.genji-monogatari.net/

(画像は筆者作成)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 相澤マイコ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP