ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

稲田朋美・山尾志桜里 待機児童問題で激論交わす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「保育園落ちた。日本死ね!!!」のブログで大きなうねりとなった待機児童問題。国会で安倍晋三首相を鋭く追及した山尾志桜里議員の働きもあり、3月末に政府はミニ保育所の定員を引き上げるなどの緊急対策をまとめた。その後、民進党は保育士の月給5万円アップ法案を国会に提出したが、政府の「一億総活躍プラン」は、保育士給与の引き上げは月約6000円で、ベテラン保育士のみ月約4万円アップとした。

 このような待機児童問題について、自民・民進の政調会長・稲田朋美氏と山尾氏に意見を交わしてもらった。

稲田:「女性の活躍」を政策の中心に据えた安倍政権では、保育の受け皿拡大を民主党政権の倍以上のスピードで進めています。保育士の待遇も今の政権で7%アップし、今後も2%上げていく。緊急対策を作ったのも、今困っている人を救うためです。

山尾:その緊急対策に当事者のお母さんや保育士から大きな不安の声が出ています。自治体の基準を下げ、子供を1人でも2人でも多く入れるという内容ですが、残念ながら昨年だけで14人の赤ちゃんが保育事故で亡くなりました。そんな状況で保育士1人が見る子供の数や子供1人あたりに必要な面積を下げるのは、緊急とはいえ本当の解決ではないと思います。

稲田:おっしゃるように単に量を増やすのではなく、質の確保も大切です。でも今は、認可保育所に入ると安くてサービスもいいけど、認可外保育所だと高くて質も認可保育所ほどよくない。格差が大きいので、緊急対策として国の基準を満たした保育所に入ってもらおうということです。

山尾:保育士の待遇の問題はどうですか。現在、全産業の労働者と比べ保育士の平均給与は11万円も低い。民進党はこれを5万円アップする法案を提出しましたが、与党は審議拒否して緊急対策をまとめました。本来、与野党が正々堂々と議論すべきだったのに。

稲田:保育士の処遇改善は法律がなくても財源さえあればできるんです。民進党の法案を審議していないのは認めますが、安倍政権で保育士の処遇は着実に改善されています。そこは理解してほしい。

山尾:安倍政権が何もしていないとは言いませんが、ずっと減っていた待機児童の数が2015年に増えたのは事実です。そもそも、2万3000人とされる待機児童の実数が怪しく、当事者であるお母さんたちに話を聞くと、「育休を延ばしたら待機児童のカウントから外れた」「家でネットを使って仕事をしているので待機児童にならない」と言います。そういう人を含めたら、実は2万3000人にプラスして6万人も待機児童が増えるそうです。隠されている待機児童の数も表に出すべきです。

稲田:安倍政権で女性の就業者は100万人以上増えたし、女性が働きやすい環境をつくるため、女性活躍推進法が成立しました。保育所の受け皿も50万人分を予算として確保しています。保育士の処遇も上げ、財源を確保しつつ待機児童問題に優先的に取り組んでいます。

――政府の調査では、賞与を含む女性保育士の平均賃金は月26万8000円で全産業の女性労働者の平均より4万円以上低い。5月16日の衆院予算委員会で安倍首相は、「月額4万円を踏まえて、賃金差がなくなるよう保育士の処遇改善を行う」と述べた。保育士の平均給与と女性労働者の平均給与を比較して政策目標とする安倍首相に対し、山尾議員は国会で「男尊女卑だ」と怒りをぶちまけた。

山尾:私は本当に稲田さんの感想を聞きたいんです。男女合わせた平均賃金からは11万円も差があるけれど、女性だけで比較すればその差は4万円だから、まずそこを目指したらどうかという議論はあまりにひどく、多くの女性や日本の国際的な評価のためにも、稲田さんの働きかけで取り下げてほしい。

“保育は女性の仕事”とする考え方は、いろいろな仕事を性別で固定しないという世の流れに逆行します。女性の賃金が低い事実を逆手に取って4万円との目標を設定することもおかしい。女性が努力して男女共同参画を目指す流れにも反します。

稲田:まず、全平均より11万円低いという差は埋める必要があります。安倍政権が女性の賃金を目標にしたのは、実際に保育士の95%が女性というなか、まずは4万円という目標をクリアしていこうという意味。4万円を埋めたら終わりではありません。

 私がすごく気になったのは、山尾さんの「男尊女卑」という表現です。女性活躍推進法案など、安倍政権は「女性が輝く社会」を実現する政策を数多く実行しています。女性が活躍することで日本を再生させる試みなのに、男尊女卑は言いすぎかなと思います。

山尾:その発言は残念です。男尊女卑という言葉はやりとりのなかで私の実感として出てきた言葉。今までほとんど使ったことがなくて、蔵からほこりを払って引っ張り出してきたんです。

 11万円の差を埋めるため、いくつかのステップを切ることは認めますが、“男性はこの職業”“女性はこの仕事”と区切るようなメッセージを出すマイナスは大きい。

 この対談は共通点から始まりましたが、稲田さんと私はちょっと違うなと感じる部分もあります。それは、“女性の活躍で日本を再生させる”という感覚です。私は日本のために活躍してくださいというよりは、1人1人の人生を応援したい。結果として、経済の成長に結びつくことはあるでしょうけど。

稲田:多分、言っていることは違わないと思います。

山尾:違わない?(苦笑)

稲田:安倍政権が掲げる女性が活躍する社会は女性のためだけでなく、男性のためでもあります。男性だって、長時間労働をやめて、休みをちゃんと取って育児や趣味、地域活動などをする時間を持つことは、人生を豊かにする。そうした社会を目指すという意味では、決して違わないと思います。

【プロフィール】
稲田朋美●いなだ・ともみ/早稲田大学卒業後、1985年、弁護士となる。2005年、衆議院選挙に自民党公認で福井1区から出馬し初当選。2012年、第2次安倍内閣で、内閣府特命担当大臣(規制改革・行政改革等)に就任する。2014年から自民党の政務調査会長。

山尾志桜里●やまお・しおり/東京大学卒業後、2004年に検察官となる。2007年退官。2009年の衆議院選挙に、民主党公認で愛知7区から出馬し初当選。現在は民進党の政務調査会長。

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
待機児童が減らぬ理由 保育園のブラック化や住民の開園反対も
待機児童問題 2015年の新制度前に保育園に申込み殺到か
保育園の「騒音」対策 厚労省は防音壁の補助支援するが…

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP