ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分の投稿がリツイート可能に…「でも、使い道は?」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Twitter公式アカウントが6月15日、自分のツイートに対しても、リツイートが可能になったことを告知。しかしネットでは、その使い道に疑問を持つユーザーが相次ぐ事態となっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

自分のツイートをリツイートする方法は、従来と同様だ。ツイートの下部に表示される「リツイートボタン」を選択すれば、リツイートを行うことができる。そんな新機能についてTwitterユーザーからは、

「自分のツイートをリツイートって使い道がわからん」
「自分のツイートRTして意味あるのかな???笑」
「自分でツイートして自分でリツイートしない」‏

と活用方法と存在意義を問う声が多く見られ、戸惑う様子がうかがえる。ただ一方で、

「過去の告知・宣伝ツイートをもう一度、告知する手間を省く、ぐらいしか使い道を思いつかない」
「用途としては大事な事なので二度言いました的な使い方と、古いツイートをリツイートで新しいフォロワーに伝える等の使い道が想定できるだろうか」

など、使い道を冷静に分析する人も。とはいえ、やはりどこか戸惑いを隠せない様子だ。

Twitterは公式ブログで5月24日、今回の新機能をはじめ、返信ツイートの@ユーザー名や写真、動画などのURLを140文字に含まれないようにするなど、文字制限を緩和する方針を示し、順次対応していくと発表していた。「自分で自分のツイートをリツイート」もその一環で、いち早く実装されたようだが、使うシーンが想像できない人は多かったようだ。
(山中一生)
(R25編集部)

自分の投稿がリツイート可能に…「でも、使い道は?」はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

使いこなせてる? iPhoneリマインダーの活用法
“スマホ依存”自覚7割 「何が悪い?」の声も
スマホGPSの捜査利用報道…懸念の声も
民営化を目指す神戸空港 「実は便利」と期待の声
不眠解消!iPhone「お休みモード」活用法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP