ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新じゃがしかない時・・・作るなら「チヂミ」を!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冷蔵庫を開けた時に、新ジャガしかない……。ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズにお応えします。

★しかない料理のルール

①野菜は新ジャガのみ

②基本的な調味料を使うのはOK(台所に常備しているレベル、またはコンビニなどで普通に購入できるもの)

③とにかく簡単であること!

新ジャガを主役に!
新ジャガしかないときのチヂミ

調味料と小麦粉を混ぜて焼くだけで簡単。旬の新ジャガのシャキシャキとした食感が楽しめます。ごはんのおかずにも、晩酌のお供にもぴったりの一品です。

【材料:1人分】
新ジャガ:2個(150g)
A薄力粉:大さじ3
A醤油:大さじ1/2
Aチューブにんにく:小さじ1/3
Aかつお節:1g
A塩昆布:5g
Aごま油:大さじ1
A水:50cc

《たれ》
みそ:大さじ1
酢:大さじ1
ラー油:適量

【作り方】
①新ジャガは皮をむいて千切りする。
②ボウルに新ジャガとAを入れて混ぜる。
③フライパンにごま油を引いて中火にかけ、②を3等分して広げ、両面をきつね色になるまでこんがりと焼く。
④器に盛り、《たれ》の材料を混ぜて添える。

ごま油を引いて焼くことで、表面が揚げ焼きしたような状態になり、新ジャガのシャキシャキ感と表面のカリッと感が合わさった食感の楽しい一品になります。新ジャガしかない時にぜひ試してみてください。

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP