ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寒い冬より「冷え」が気になる。“冷房病”から身を守るには?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クーラーの効いた部屋に長時間いるとツラいですよね。室内と外界の気温差が大きすぎると、体が付いていけずに自律神経が乱れてしまう、これがいわゆる“冷房病”です。体がだるい、疲れやすいといった症状から、イライラなどの精神的な症状に至ることもあるので要注意。今回は“冷房病”から身を守る方法をご紹介します。

“冷房病”の原因は自律神経の乱れ

冷房病に悩む人は多いですが、もちろん「冷房病」という病名があるわけではありません。「主に冷房が原因の自律神経が乱れた状態」を冷房病と呼んでいます。外気温が高くなり、クーラーの効いた室内との気温差が大きくなると、「寒い・熱い」を繰り返すことになり、体温の調整を担う自律神経に負担が掛かります。自律神経のバランスが乱れると、体が温まりにくくなり汗をかきにくくなります。汗で発散できない分、疲労物質が体内に溜まってだるさの原因になり、症状が全身に及ぶと頭痛や肩こり、イライラや肌荒れといったさまざまな症状も出てしまいます。

冷房病対策その1……自律神経にストレスをかけない

冷房病は自律神経の乱れが原因なので、自律神経にストレスをかけないことがいちばんの対策になります。まずはクーラーの設定温度を見直しましょう。外気温との差は5℃以内が望ましいのです。暑い夏でも28℃を目安にクーラーの温度を設定しましょう。また、肌の露出が多いと自律神経にとってはストレスとなります。カーディガンを羽織ったりして、肌を保湿するようにしましょう。特に男性は効きすぎたクーラーにも無頓着なもの。ワイシャツ1枚よりでいるよりも上着を羽織った方がベターです。

冷房病対策その2……自律神経のストレスを解消する

いくら気を付けても自律神経はストレスにさらされています。上手にそのストレスを解消してあげましょう。クーラーの効いた部屋では血行も悪くなりがちなので、1時間に1回程度は足や手を動かして血流を促進しましょう。体を温かくすることが自律神経のケアにつながります。もちろん、冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎはNG。ランチもできるだけ温かいスープなどで体を温めるようにしましょう。家に帰ったら、就寝前に必ず入浴の習慣を。体を温めるだけでなく、お湯の圧力で全身の血行が改善します。お風呂に入ることで1日中働いた交感神経の緊張が弛み、副交感神経を優位にしてバランスを取る効果もあります。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP